金属アレルギーの治し方(1)

金属アレルギーの種類

局所性金属アレルギー

直接皮膚に触れることでアレルギー症状を起こすものを局所性金属アレルギーと言います。指輪やネックレス、ピアスなどが代表的です。局所性金族アレルギーでは、接触した形に湿疹ができる特徴があります。
例えば、まぶたの湿疹がビューラーで起こる場合があります。これは、美容器具の金属であるニッケルに対して、発汗などを契機に起きる金属アレルギーです。汗をかくことで、溶け出して反応しているのです。
他にも局所のアレルギーでは、パーマ液やハサミ、歯科金属もあります。また、歯科金属では、バーニングマウス症候群といって、知覚の低下や違和感が起こります。場合によっては、灼熱感や痛みを伴い場合もあります。

 

全身性金属アレルギー

全身性金属アレルギーとは、食事に含まれている金属に血液を介してアレルギー反応を起こすものです。全身性金属アレルギーは、血液を介して起こるため、離れた部分でも反応が起こることがあります。