金属アレルギーの治し方(3)

金属アレルギーを起こしやすい物質

  • 水銀
  • ニッケル
  • パラジウム
  • スズ
  • クロム
重金属は過剰に摂取すると体内でアレルギー反応を起こしやすい
常温では機体の窒素や酸素と比べるとずっと重く、電子を放出してイオン化する傾向が強く、イオン化すると不安定になる

アレルギーを起こしやすい金属

アレルギーを起こしやすい金属

アルミニウム、チタン、クロム、マンガン、鉄、コバルト、ニッケル、銅、亜鉛、パラジウム、銀、インジウム、スズ。イリジウム、白金、金、水銀

どんなものに含まれているの?

チョコレート、コーヒー、苦味のあるお茶(紅茶、煎茶、抹茶、ウーロン茶、プーアール茶など)、貝類、海藻類(ワカメや昆布、のり)、香辛料、豆類、オートミール、胚芽、レバー、赤ワインなど。
感爪や缶ジュース、缶コーヒー、。さらに押すなど(酸)を使った料理ではねべの金属が溶けやすい。
大気中の煙、車の排気ガスや工場から出る煙、タバコの煙にもニッケル

ニッケル

ニッケル

ピアス
歯科金属
50円、100円硬貨
食器、調理器具、、携帯電話、針金、化粧道具、染料、チョコレートや海藻、大豆などの食品
コーヒーや紅茶、緑茶やウーロン茶など
美容師、利用し、メッキ工、電気工業、電気機器の製作、調理師、陶磁器に触れる、ゴム類を触る医師、歯科医師
クロムとも交差反応を起こしやすい
ニッケルの大部分は便中に排泄されるが、10%ほどは汗の中に排泄されるため、汗腺の多い手のひらに小水泡を伴う治りにくい湿疹が起こる

クロム

ドアノブなどのメッキ、オフセット印刷、塗装、なめし皮、セメント、レンガやタイル、針金、
左官屋大工、精錬メッキ工、印刷業、革製品の加工職人、塗装職人、溶接工
あさり、しじみ、ひじき、ワカメ、のり、ホタテ、牛肉、レバー、キャベツ、ほうれん草、大豆やコム美麦芽など
ニッケルに症状の出方が類似

コバルト

ガラスやレンガ、陶磁器や印刷
インゲン、うなぎ、
手足の難治性の湿疹、口腔内に扁平苔癬や白板症と言わレル状態を起こすコとがある

パラジウム

イリジウムや印字リウムとともに歯科金造として使用

スズ

銀色に見えるやすいメッキ素材
トリブチルスズ(TBT)は女性ホルモン用作用を起こす
肉体が女性か
陰萎(勃起不全)
アレルギー反応の中核をなすインターロイ金10を誘導し、Th1細胞の活性を抑制し、逆にTh2細胞の働きを強めるため、アレルギ0を起こしやすくする

金属アレルギーの誘発

金属アレルギーの誘発

  • アジュバンド作用
  • 内分泌撹乱物質
  • ストレス

アジュバンド作用

アジュバンド作用

金、水銀、アルミニウム
アレルゲンを増強する作用がある。T細胞やB細胞の活性を高め、アレルギー反応をより強くする

内分泌撹乱物質

内分泌撹乱物質

スズ
Th2細胞の活性をあげ、アレルギーを起こしやすくする

ストレス

ストレス

Th2細胞の活性をあげ、アレルギーを起こしやすくする