金属アレルギーの治し方(5)

  • 局所の金属を除去
  • 口腔金属
  • ストレス発散
金属アレルギーを良くする基本は、体に対する負担を減らしことです。
一番は原因物質である金属を除去することです。口腔内では、歯科金属の充填物をセラミックなどに置き換えることです。また、食事や接触するものがあれば、それも避けていきます。まずは、食事の傾向を知って、より多く摂っているものを減らしてみましょう。
さらに、過度な緊張やストレスは、アレルギー症状を起こしやすくします。そのため、ストレスは溜め込まないように、適度に発散していきましょう。苦しい、辛いという感覚をなくすというわけではありません。その感覚があるからこそ、回避しようとできます。

  • 筋肉の緊張を緩和
  • 血行を良くする
  • お腹を柔らかくする
  • 呼吸が楽な姿勢を作る

体に負担がかかることを排除した後は、体の感受性を整えます。辛い苦しいと言ったことを、きちんと自覚できるようにするということです。

そのために、まず体の筋肉を緩めることが必要です。筋肉を緩めることで、緊張を緩和するとができます。

また、血行循環を良くすることで体はリラックスできます。

自律神経を整えるには、お腹を柔らかくして、呼吸を整えることが有効です。治療院では、これらのアプローチで金属アレルギーが発症しにくい状態を作っていきます。