ニキビ(3)

ニキビの分類

新生児痤瘡

新生児痤瘡

生後2週から3カ月頃、顔(特に頬や額)に生じるニキビで、主に男の子にみられます。

皮脂を少なくするために石鹸を使ってぬるま湯で洗顔を続けていけば、数週~数カ月で自然に治ります。

集簇痤瘡

集簇痤瘡

思春期後期に発症することが多い重症型のニキビです。面皰、丘疹、膿疱、嚢腫(のうしゅ)などが無数に生じ、化膿を繰り返して肥厚した瘢痕(はんこん)などを形成するのが特徴です。

女性より男性に多く、数年から20年以上にわたって慢性的に経過します。瘢痕を残す

ステロイド痤瘡

ステロイド痤瘡

ステロイド使用2週間前後で、胸部などに一様な毛穴に一致する小丘疹が出現する。免疫抑制外用でも類似の皮疹を呈する。

ステロイドには皮脂の分泌を促す作用がある。

毛包虫性痤瘡

毛包虫性痤瘡

毛包虫(ニキビダニ)による、成人女性に好発する難治生の痤瘡に含まれることが多い。