顔はたけとは(1)

顔はたけとは

白色粃糠疹(はくしょくひこうしん)とも言います。粃糠疹とは、細かい粃糠(こめぬか)様の落屑が生じている状態である。このうちはたけと呼ばれるのは、顔面単純性粃糠疹であり、角化異常による疾患とされています。

 

顔面単純性粃糠疹(はたけ)

顔面単純性粃糠疹は、いわゆるはたけと呼ばれるものです。
学童期の頬部や下顎などに多発性に生じる、粃糠様鱗屑を伴った類円形の不完全だっ色素素斑です。軽度の掻痒を伴うこともあるとされています。
男児に好発し、健常学童児の約1割に認められています。
アトピー性皮膚炎患者に出現しやすい傾向にあり、炎症後色素脱出との説もあるが、原因不明である。多くは1年以内に消失するとされています。