ワセリンを塗っても顔が赤くて痒いです(3)

ワセリンを塗っても変わらない理由

  • 乾燥による赤みではない
  • 熱がこもっている

乾燥による赤みではない

ワセリンを塗ることで治る場合は、傷口がある、乾燥しているなどの場合です。

ワセリンを塗っても変わりがない場合は、炎症や血液のめぐりの悪さなどを考えます。

熱がこもっている

ワセリンを塗って悪化する場合もあります。

それは、ワセリンの保温する機能のためです。汗をうまくかけないために熱がこもると赤くなる場合もあります。