アトピーの色素沈着が残っている(1)

色素沈着ができる理由

  • 刺激が多い
  • ストレスが多い

刺激が多い

色素沈着は、摩擦や刺激が加わることで起こります。

色がつくのは、メラニンを分泌してコーティングするように体が変化するためです。鼠蹊部や脇、ベルトをまく腰、下着周りなどはこのような圧迫や摩擦のために色素沈着が起こっています。

ストレスが多い

ストレスが多い場合には、脳の下垂体から抗ストレスホルモンの分泌を促すホルモンが出ます。この脳の下垂体には、メラニンを分泌を促す部分もあります。ストレスを受け続けることで、実は、メラニンの分泌もう流れされてしまいます。

炎症が長期間続いている場合、睡眠不足などストレスが長期に加わることで、色素沈着が起こりやすくなるのです。