口の横と鼻の下が乾燥しています(3)

乾燥対策

  • 鼻呼吸
  • 栄養補給
  • マッサージ

鼻呼吸

口や鼻周りの乾燥対策には、鼻呼吸をすることをオススメします。鼻呼吸ができれば、鼻の粘膜が刺激され、潤いを保つことができます。また、鼻粘膜横隔膜反射という反射によって、あばらは背骨も動きやすくなります。

栄養補給

ビタミンやミネラルを補給することで、粘膜や皮膚が丈夫になります。特にビタミンB群の不足は口角炎や口内炎の原因とされているので、補給することをオススメいたします。

マッサージ

口や頬周りのマッサージによって、血の巡りがよくなり、皮膚が柔軟になります。その結果、裂けにくい皮膚になります。さらに、頬をマッサージすることで、口の中の唾液分泌が促され、乾燥しにくくなります。