顎の下が痒い原因と対処(1)

顎の下が痒い原因

  • 食いしばり
  • 感覚過敏
  • 舌のコリ

食いしばり

くし張りが起こると、顎の関節や顎の骨に負担がかかり湿疹が出やすくなります。
圧力が加わるとことの血液は集まりやすういです。、また、神経が緊張することで感覚も過敏になっていまいがちです。

猫背やストレートネックなどの姿勢不良で、首が前に傾いてしまうと、頭を顎で支えてしまいます。そうすると、常に顎に力が入り、湿疹や痒みが起こりやすくなってしまいます。

感覚過敏

神経が緊張すると痛みや痒みなどの感覚が過敏になります。そうなると、普段は気にならない刺激にも過剰に反応してしまうのです。これを感覚過敏といます。かゆいためにかきこわして炎症を起こしてしまいます。そうすると、皮膚が崩れて、余計に過敏な状態になる悪循環に陥ってしまうのです。

舌のコリ

顎の下には舌の筋肉があります。顎下から首にかけて、また、鎖骨や耳の下の骨にで舌の筋肉が連なっています。この筋肉が硬くなると、滑舌が悪い、嚥下や鼻呼吸がしにくくなります。この舌の筋肉は舌骨という馬蹄状の骨にもついていて、顎下から首にかけて筋肉があります。この筋肉が硬くなると、痒みや湿疹が起きてしまいます。