顎の下が痒い原因と対処(2)

顎の下が痒い場合の対処

  • 背骨を正す
  • 神経をマッサージ
  • 舌の筋肉を緩める

背骨を正す

首の位置が悪いのはストレートネックや猫背が原因のことがあります。この場合、背骨で支えるはずの頭を顎で支えてしまい、顎の関節や筋肉に負担がかかります。
この様に負担がかかった筋肉や神経の原因である、背骨の硬さをとることで、顎にかかる負担を解消できます。

神経をマッサージ

姿勢不良で顎の筋肉や神経に負担がかかると、それらは硬くなり緊張します。そうなることで、感覚過敏や鬱血が起こり、痒みや炎症の原因になります。
顎の筋肉や神経が硬くなった場合は、マッサージや指圧などで緩めると効果的です。

舌の筋肉を緩める

顎下から首にかけて縦に湿疹や痒みが出る場合は、舌の筋肉が緊張している可能性があります。
この場合は、顎下の筋肉を緩めることで、舌骨の動きも緩やかになります。

ぜひ、試してみてくださいませ。