二の腕がかゆい原因と対処(1)

二の腕がかゆい原因

  • 神経の圧迫
  • 筋肉のこわばり
  • 血流が悪い

神経の圧迫

二の腕には指先まで繋がる神経があります。特に、肘を伸ばす外側の筋肉の下には、橈骨神経という腕や指を伸ばす神経が通っています。この神経が圧迫を受けると感覚過敏などに陥りやすいです。机に肘を乗せる、肩肘をはる姿勢が多いと、この部分が慢性的に圧迫を受けて神経が緊張してしまいます。

筋肉のこわばり

二の腕の筋肉がこわばることで、神経の圧迫や血流が悪くなります。緊張や圧迫は痒みの下になりやすいです。体の筋肉は精神面の影響を受けて緊張しやすいです。自律神経が緊張することで硬くなります。また、疲弊してくるとふにゃふにゃになってしまい、むくみやすい傾向にあります。

血流が悪い

神経の圧迫や筋肉の緊張が強いと、血液のめぐりも悪くなりやすいです。血液の鬱滞は炎症の下になります。何か1つではなく、それぞれの状態が痒みや肌荒れを引き起こす原因になっています。