ちくびのかゆみの原因と対処(2)

ちくびのかゆみの対処

  • 保護する
  • 血の巡りをよくする
  • 清潔にする
  • 自律神経を整える

保護する

乳首が摩擦や摩耗のために過敏になってしまった場合は、保護することでそれ以上むず痒さを感じることを抑えることができます。
例えばワセリンなどのスキンケアを初め、ニップレスやシリコンパッドを貼ることでも可能です。
季節によっては汗などで蒸れることがあるので、環境に応じて使い分けると良いです。

血の巡りをよくする

乳首の血流は姿勢不良によっても起こります。猫背や巻き肩などがあれば、胸の周りが凝り固まりまたは、圧迫されて血の巡りが悪くなります。胸を直接触れてみて冷たい場合は、すでに冷えていますので注意が必要です。
胸の血流を促すには、コリの解消としてマッサージやストレッチも有効です。また、アイロンやペットボトルで温めることも痒みを感じ際に有効ですので試してみてくださいませ。

清潔にする

汗などをかくと、皮脂分泌と並行して皮膚の常在菌を刺激します。もちろんカビなどがあれば、刺激を受けて繁殖してしまいます。皮膚の問題なら濯ぐなどすれば済みますが、衣類においては毎回清潔にする必要があります。もちろん、選択する洗濯槽などもカビがあれば、汗とともに痒みを感じることがあります。
触れるものや部位を清潔にすることで、カビの対策になります。

自律神経を整える

ホルモンバランスは自律神経の乱れによって影響を受けます。自律神経は睡眠や呼吸などを意識することで整えることができます。