夜ふくらはぎが痒い(1)

夜に起こる問題

  • 血の巡りが悪い
  • 緊張が緩和
  • 感覚過敏

血の巡りが悪い

夜になると血液の巡りが緩慢になります。特に寝ている時は、体の動きもなく、昼間よりも外気は冷えるので血液のめぐりは悪くなります。この様な環境下では、血液の滞りが起こりやすくなり、むず痒さの原因にもなります。

緊張が緩和

体の緊張が抜けやすいのが「帰宅した時」や「寝る前」です。この様な緊張が抜けて、体の内面へ意識が向けられているときに、異常をきたしている部分に気づき、痒みを感じることがあります。主に、日中に負担のかかった部分や弱い箇所に起こりやすい傾向にあります。

感覚過敏

体の菌とゆが抜けきらないことで、感覚が過敏になって、むず痒さを感じることがあります。首や鼠蹊部など体で大切な器官がある箇所はくすぐりを感じやすいです。それ以外にも筋肉が緊張している部分はかゆみをはじめとする感覚が過敏になりやすいです。