寝ている時にかいてしまう(2)

かいてしまう理由

  • 体の疲労や負担の解消
  • 感覚のズレ
  • 刺激に反応している

起きている間に対処すべし

体の疲労や負担の解消

かいてしまう行為は、体の不調や負担を解消したくて行われることが多いです。

問題なのは、傷ができるまでかき続けてしまうことです。この問題の原因は、感覚のズレや代償動作で問題をずらしてしまっていることです。

感覚のズレ

かゆいという感覚は誰しもが持っている感覚です。しかし、感じている間買うが常時正しいというわけではありません。
問題の先送りやズレを起こすときに代償という行為を行います。それにより、一時的には回避できるのですが、再度問題が起こるというサイクルを作ってしまいます。

痒みもその1つです。また、掻くことを繰り返すと皮膚は脆くなり過敏になることで、痒み安くなるイッチ・スクラッチ・サイクルという悪循環に陥ってしまいます。

感覚ズレは、適切な問題解決で解消できます。

刺激に反応している

体は一定の刺激に対してステレオ式に反応することがあります。痒みもその1つです。

かき癖や条件で痒みを感じてしまうことがあります。レモンをみて唾液が出る様なものです。思い込みや癖が痒みを想起させるのです。
汗をかくとかゆいというのもその1つです。実際に汗そのものが原因でないけど、かゆいときに汗をかいていたことでそれが原因と勘違いしてしまいます。それから汗をかくごとに痒みを感じやすくなってしまいます。