寝ている時にかいてしまう(3)

寝る前にできる対処

  • 体の緊張を緩和
  • 回りをよくする
  • 刺激を減らす

必要がなくなれば傷も減る

体の緊張を緩和

体の緊張があると感覚過敏になりやすいので、緊張を緩和することで痒みにくくなります。

体の緊張は神経や筋肉に反映されやすいです。ですので、筋肉の緊張がある部分を中心に緩めることで、痒みにくくなります。

回りをよくする

血液のめぐりが悪い部分にむず痒さや炎症反応が起こりやすくなります。

そこで、痒みを感じたときに血液のめぐりをよくすることを試してみましょう。もし、血液のめぐりが悪い場合にはその痒みは解消されます。オススメはペットボトルや湯たんぽなどであてがうことです。

刺激を減らす

体に触れる様な刺激を減らす、刺激から守ることで痒みにくい状態を作ることができます。

寝ている時は無防備です。なので、かくという刺激の強さを減らすか、かく部分を守ることで、寝ているときの覚醒を防ぐことができます。また、その負担が減ることで傷にもならずにすみます。オススメはフィルムドレッシングやトップコートを塗ると良いです。

ぜひ、試してみてくださいませ。