家に帰ると痒い理由と対処(2)

なぜ、痒みが起きるのか

  • 外気に触れる
  • 負担を自覚
  • かきぐせ

外気に触れる

帰宅して着替えるときに痒みを感じるのは外気に触れることが多いです。

ではなぜ、外気に触れると痒くなるにでしょうか?それは、衣類によって乾燥肌を作っている場合があります。衣類の繊維が化学繊維の場合、皮膚の電位を相殺して過敏な状態を作ってしまいます。また、乾燥する時期では摩擦や摩耗によって皮膚の潤いやバリア機能が損なわれてしまいます。さらに、着替えるときに摩擦で静電気が生じて刺激になることもあります。

この様に衣類の繊維や着替え方など皮膚に刺激が加わり、皮膚を保護しなくなったタイミングで自覚してしまっているのです。

負担を自覚

帰宅するときには、緊張が緩和されて、意識が内側に向きます。意識が内側に向く特には、体の不調を感じやすくなります。忙しいときに空腹や尿意を感じにくいのと同じ様に痒みや体の負担を感じにくくなります。それが帰宅して気持ちが落ち着くと自覚しやすくなります。

緊張とリラックスのバランスがいいと、帰宅する以前に負担を感じたときにきちんと自覚できる様になります。これには自律神経のバランスが関係しています。普段から緊張、つまり交感神経が優位になっている人ほどこの傾向にあります。交感神経が優位な人は、呼吸が浅い、手足に冷え、背中の緊張などの特徴があります。この変化に気づけると意識してコントロールできる様になります。

かきぐせ

かゆみがなくても、ついかいてしまうことをかき癖といいます。掻くことで落ち着く、心地よい、精神安定など様々な理由があります。帰宅してかいてしまうのものこ1つです。掻くことでリラックスを促す場合もあります。この場合は、癖になっている習慣が問題です。この問題は、痒みそのものではないので、習慣になっている行為を書き換えることで改善することができます。

その時何をしていたのかがヒントになる