家に帰ると痒い理由と対処(3)

帰宅する前にできる痒みの対策

  • 予め緊張を緩和
  • 着替える場所を変える
  • ルーティーンを変える

予め緊張を緩和

帰宅すると痒くなる場合、リラックスして自分の内側に意識が向いたことがきっかけになります。この場合は、気がつかないうちに負担や疲労を蓄積していることが問題です。ですので、この場合は、意識して体のケアをすることが解決策になります。

意識するヒントは、体の姿勢の崩れたときにケアすることです。例えば、足を組みたい、猫背になってきたなどでは、体に負担がかかっているので、その負担を解消する働きがけとして出ています。このタイミングでケアをすると、痒みでない感覚を外出しているときにも感じることができる様になります。

よくなる傾向として、痒みなどの不調が頻度よく感じられてきます。その結果、帰宅しても抑えられるくらいに程度が減少してきます。

着替える場所を変える

着替えるときに痒みを感じるのは、皮膚への刺激や乾燥が主な原因です。この場合は、浴室など湿度のあるところで着替えてみましょう。そうすることで、衣類を脱いでも乾燥することはなくなります。

他にも摩擦や摩耗は衣類の繊維によって起こります。化学繊維を直接肌に触れている場合は、その繊維を変えてみましょう。そうすることで、仮に摩擦が起きても皮膚へのダメージは少なくてすみます。

ルーティーンを変える

帰宅するときに、ついかいてしまうかき癖は、意識して別のルーティーンを作ることで上書きできます。例えば、風呂に直行する、自分の部屋に行って音楽をかける、換気をするなど別の行動を入れてみましょう。意識がそっちに行くことで痒くなくても掻くことはなくなります。

痒みのタイミングを変える