脇の下がかゆい原因と対処(2)

脇の下がかゆい時の対処

  • 保護する
  • 筋肉を緩める
  • 神経をほぐす

保護する

摩擦や摩耗によって皮膚が薄くなった場合は、保護することが有効です。
ワセリンなどのスキンケアでも良いですが、ベタベタするのが気になる場合は、別のものが良いです。例えば、フィルムドレッシングや脇汗パッドなどが有効です。脇の擦れるとことへ貼り、衣類や皮膚そのものからの摩擦から守ります。

筋肉を緩める

筋肉のコリや強張りがあると、神経が圧迫されたり、血液のめぐりが悪くなり痒くなりやすいです。
この場合は、筋肉を緩めた方が有効です。

もし、筋肉が硬くてかゆい場合は、湿疹は筋肉の形に出やすいです。湿疹の形や分布などをみることで判断することができます。

神経をほぐす

痒みは神経が緊張することで起こります。その場合は、神経のラインに痒みや湿疹が起こります。その様な時は、神経を圧迫している筋肉や神経そのものを緩めることが有効です。

負担をかける原因も見つける