腕のかゆみの原因と対策(1)

腕のかゆみの原因

  • 神経の緊張
  • 皮膚の引きつり
  • 血流が悪い

神経の緊張

神経が緊張するということで、腕は痒みを感じやすくなります。
神経が圧迫されることで、感覚が過敏になります。

腕の神経は首からでて、胸、脇、鎖骨を通り指先まで連なっています。その指先までの間で圧迫が加わることで、痒みが増します。

皮膚の引きつり

皮膚が引きつることで、乾燥やこそばゆさを感じます。また、皮膚が引きつること動きが制限され、またはシワができ傷になりやすくなります。

 

血流が悪い

血液のめぐりが悪くなると、炎症が起こりやすくなります。これを鬱血性皮膚炎といいます。手足の冷えなどがあれば、さらに血流阻害が助長されます。

血液のめぐりが悪くなるのは、凝りやこわばりのほか、過緊張でも起こりやすくなります。

かゆみ以外の変化を確認