頬がかゆい原因と対策(1)

頬がかゆい原因

  • 筋肉が硬い
  • 目の疲れ
  • 食いしばり
  • 菌の繁殖

筋肉が硬い

筋肉の凝りや強張りがあることで痒みを感じやすくなります。
では、何故ほほの筋肉が硬くなるのでしょうか。それは、表情の動きが乏しくなるからです。表情に筋肉は口を開く、顎を動かすなどで伸び縮みします。また頬の筋肉は元々エラの筋肉が変形したものです。ですので、呼吸や自律神経とも関連します。緊張が強い方は頬がこわばりやすくなります。

目の疲れ

頬の上側が赤くなる場合は、目の疲れで起こる場合があります。目が疲れることで周囲の神経が緊張して、その結果、痒みや赤みが起こります。
体の弱い部分や負担のかかる部分では、神経が緊張しやすいです。だから、目が疲れることで赤みや痒みが出やすい場合は、目のケアをすることが必要になります。

食いしばり

食いしばりが日常であると、顎周りや頬の下側に赤みや湿疹が出やすいです。目の周りと同じ様に、食いしばりがあると、神経が緊張します。さらには噛み締める筋肉にこわばりが起こり感覚過敏や鬱血が起こります。痒みは神経の緊張やこわばりで起こります。また、炎症は血液の鬱滞で起こるのです。

菌の繁殖

頬に傷が起こりやすい、ジュクジュクしやすい場合は菌の繁殖があるかもしれません。この場合は、免疫低下や腸内環境の悪化が頬に影響しているかもしれません。