頬がかゆい原因と対策(2)

頬がかゆい対策

  • 表情筋を動かす
  • 顎をよく動かす
  • 温めてめぐりをよくする
  • 清潔にする

表情筋を動かす

頬を占める多くのものは筋肉です。この筋肉は表情を作る表情筋と呼ばれています。この表情筋の動きが悪ければ、コリや強張りが起こり、痒みの元になります。
その様な理由であれば、この表情筋をよく使うことが解決策となります。

では、何故、表情筋がうまく動かなくなったのでしょうか?それは、感情や自律神経など体の内面の影響を受けるからです。表情に乏しい場合、感情は軽薄というイメージを受けるかと思います。それは、その通りで、自分の感情をうまく表現できない、または押し殺しているとこの表情筋が硬くなりやすいです。

または、その結果、呼吸が浅くなり自律神経に影響します。この様な場合ですと、自律神経や呼吸を整えうるほか、硬くなった筋肉そのものをよく動かすことが改善点となります。

顎をよく動かす

食いしばりなど、顎下周りの赤みや湿疹の場合は、顎の動きを整えることでよくできます。
特に、よく噛む、顎を開くなど動く範囲を変えることでも改善が見込めます。

次に、食いしばりは猫背などの姿勢の不良でも起こるので、その姿勢改善を行うと良いです。

温めてめぐりをよくする

コリや強張りが多いことで、血液のめぐりが悪くなりがちです。筋肉を柔らかくするだけでなく、血液のめぐりもよくすると良いです。血液のめぐりが悪いと、細絡と言って細かい欠陥が浮き出ることがあります。この様なサインがあれば、血の巡りもよくすることで、肌の状態はさらによくなります。

清潔にする