鎖骨がかゆい原因と対策(2)

鎖骨がかゆい対策

  • 骨の動きを出す
  • 神経を緩める
  • 呼吸を意識する

骨の動きを出す

鎖骨周りがかゆいときは、骨そのものに問題が関連していることがあります。この様な場合は、まずは鎖骨の動きをよくしていきましょう。
鎖骨自身の硬さは、姿勢もしくは神経や内臓などの影響を受けて起こります。まずは、鎖骨自身を動かして、それでも硬さが取り切れない場合は、骨以外の問題に目を向けてみましょう。

神経を緩める

鎖骨には神経が張り巡らされています。この神経が緊張すると、鎖骨周囲に痒みが起こります。

鎖骨に取り巻く神経は、関節や骨の動き、筋肉の硬さなどに影響を受けます。神経に緊張が起これば感覚が過敏になり、痒みを感じやすくなります。ですので、この神経の緊張を緩和することが痒みの対処となります。

呼吸を意識する

鎖骨は呼吸器で特に気管支の状態を反映すると言われています。ですので、呼吸の機能や気管支の状態を改善することで、鎖骨の硬さを改善できます。

本来の状態へ戻す

心地よさで確認