アトピーと内臓下垂

内臓下垂と湿疹

  • 内臓下垂で湿疹ができる
  • 内臓下垂の見分け方
  • 自分で内臓下垂をよくする方法
  • 整体と合わせて相乗効果
  • 整体を受けた方がいい場合

内臓下垂で湿疹ができる

内臓下垂が起こると内臓の機能が低下します。それだけでなく、体の筋肉も緊張することで皮膚に湿疹ができます。湿疹は体の異常を知らせるサインなのです。このときの湿疹に対しては、薬など外用薬の効果はあまり期待できません。それは、体の中に問題があるからです。特に横隔膜や周囲の骨格の硬さが大きく関係します。

内臓下垂の見分け方

内臓下垂が起こると、横隔膜の機能が低下します。その影響で姿勢が崩れ、下垂した内臓以外も、影響を受けます。特に呼吸器などは顕著に負担がかかります。首回りであれば下垂に影響で引き攣られて首に湿疹が出ます。お腹であれば超が圧迫を受けてめぐりが悪くなり起こります。このように範囲は徐々に広がっていきます。

自分で内臓下垂をよくする方法

このような内臓下垂の問題はある程度はセルフケアでよくできます。その方法の1つとして「腰まくら」があります。動画でも解説しておりますが、筋肉は完全にヒッパラッルト縮むことができません。横隔膜も下垂によって引っ張られると、内臓を引き上げる力が弱まります。腰にまくらを敷くことで、下垂した内臓が上に上がり、横隔膜が機能しやすくなります。このようにして、本来の内臓の位置へ戻し、横隔膜の働きを正常化させます。

整体と合わせて相乗効果

整体と合わせて相乗効果

内臓下垂は自力である程度よくできます。しかし、ジリできは時間た手間がかかります。整体で本来の位置に戻し、形を整えた方が圧倒的に早いです。もし、自分自身でやってみて少しでも変化を実感できた場合、まったく効果を体感できない場合なども、整体と組み合わせることで本来の体の状態を体感できます。そうすることで、いい状態を保つ手段としてセルフケアを活用できるようになります。いい状態にしてから、維持する方が、圧倒的に楽です。

整体を受けた方がいい場合

整体を受けた方がいい場合

もしこのような場合は整体を受けた方が良いです。

・お腹がポッコリ出ている

・足にむくみがある

・食後に眠くなる

・1時間座っているのが辛い

このような場合は、内臓下垂の可能性で問題ら起きていることが多いです。この悩みは整体で解決できます。早めの受診をお勧めいたします。

電話ヨヤィ

アトピーと内臓について詳しくはこちら

アトピーと内臓

アトピーと内臓に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502