小児のアトピー(症例2)

  • 症例8 背中や膝の肌荒れ 6歳 女児
  • 症例9 肘のゆるさと手指のひび割れ 5歳 男児
  • 症例10 姿勢不良で膝や背中に湿疹が出る 3歳 女児
  • 症例11 肘膝の湿疹と背中かゆみ 3歳 女児
  • 症例12 肘や膝の湿疹 2歳 女児

症例8 背中や膝の肌荒れ 6歳 女児

背中や膝裏の乾燥

施術内容

膝の裏と背中の感想やかゆみがある
とのことでした

体を見て見ると
胸の後ろの背骨の硬さがある
膝裏に力が入っている
という状態でした

施術では
内臓のケア
頭蓋骨のケア
など致しました。

セルフケアでは
背骨の硬いところに手を当て揺する
脚を持って「縄跳びのへび」のように横揺らしをする
などされてくださいませ

解説・考察

皮膚の乾燥は、皮膚そのものにないことがあります。肌を潤わせているのは汗などですが、それらは血液が濾過されて排出されています。ですので、体のめぐりが悪いと肌は乾燥します。そのめぐりの悪さは、筋肉や関節の硬さにも栄子湯を受けています。今回はそのようなケースでした。

症例9 肘のゆるさと手指のひび割れ 5歳 男児

肘のゆるさと手指のひび割れ

施術内容

左手指のひび割れがある
とのことでした

体を見て見ると

ひじが緩い
背骨が硬い
という状態でした

施術では
背骨を緩める
内臓のケア
など致しました。

セルフケアでは
背骨の硬い部分を抑えて揺する
もしくは、鉄棒にぶらさがりバタ足をする
ひじが緩い時ははめ直す

解説・考察

手指のひびわれは、スキンケアをすればよくなるものです。しかし、繰り返しおこる場合は部のところへ問題があります。その1つに関節のゆるさがあります。特にひじが抜けたことがある場合には要注意です。今回はそのようなケースでした。

症例10 姿勢不良で膝や背中に湿疹が出る 3歳 女児

姿勢不良とかゆみ

施術内容

右の肩甲骨の湿疹
両膝の湿疹や赤みがある

とのことでした

体を見て見ると
反り腰で膝に負担がかかっている
背中の上部が硬い
肘の関節に負担がかかっている
腰の緊張が強い
という状態でした

施術では
肘をはめ直す
胸郭(肋骨)を広げる
骨盤を緩める
など致しました。

セルフケアでは
背骨の硬いところへ手を当てて揺する
仰向けで足を持って揺する
硬いところをマッサージする

などされてくださいませ

解説・考察

湿疹やかゆみは弱い部分や負担のかかっているところへ出る傾向があります。背中が猫背や反り腰の場合は、膝や首に負担がかかることがあります。その結果かゆみや湿疹が出る場合は、姿勢をよくすることで、軽減されていきます。今回は、そのようなケースでした。

症例11 肘膝の湿疹と背中かゆみ 3歳 女児

肘膝の湿疹と背中かゆみ

施術内容

膝や肘に湿疹や傷がある
背中が乾燥して書いている
プールへ行った後に悪化したとのこと
という状態でした

体を見ていくと 
お尻や背中がかたい
首肩こりがある
神経の圧迫により筋肉が硬くなっている
猫背や巻肩
二の腕や肩にシワがある
→必要以上に力が入っている
という状態でした

施術では 
内臓のケア
頭蓋骨の調節
お尻や肩を緩める
などいたしました

セルフケアでは 
お尻や首かたをマッサージする
→ももや腕はこの部位の神経の圧迫の可能性があります。
掻き壊すまでかいてしまうのは、皮膚よりも深いところに原因があることを示しています。
お腹と同じくらいを目安すにマッサージされてくださいませ

また、体をうねったり、バタバタと動かすのは、緊張をとってめぐりを良くしたい衝動も案が得られます。
などされてくださいませ

チェックの項目は 
筋肉の柔らかさ
動きのくせ(激しく飛びな跳ねるなど)の変化
など確認されてくださいませ

考察・解説

肘や膝のかっ弓はコリによって起こることがあります。多動の小児はこの傾向が強いです。なぜ多動になるかといえば、血液がうっ血して不快だからです。動かしているうちは血液がめぐり解消されます。体を触るとコリがあります。子供だからといって全ての子が柔らかい訳ではありません。そのような時は、筋肉を緩めることで良くなっていきます。今回はそのようなケースでした。

症例12 肘や膝の湿疹 2歳 女児

肘や膝の湿疹

施術内容

膝や肘に湿疹がある
→膝裏は歩き方によるふたん
→肘は胸郭が動かないために、腕の神経が圧迫を受けている

頬周りの湿疹
膵臓などの影響。食いしばりでも起こる。
爪に白班がる(亜鉛不足の兆候)

おかなの湿疹
→シワのラインにできている。姿勢の問題。内臓への負担。
上唇が紫がかっている:胃の血の巡りの悪さ
ということでした。

セルフケアでは
<手当て>
子供の重心を支えるように抱きかかえる
背中のケア
あばらへ皮膚押さえつけて、上下左右に動かして、固い方向に向かい撫で摩る

<筋肉骨格>
仰向けで
・つま先を伸ばして、筋肉を緩めた状態で筋繊維に対して垂直(横に弾くように)もむ
・ふくらはぎ〜太もも
片方の手でふくらはぎを添えて、もう片方の手を脛におき左右にゆすりながら緩める

肘の湿疹
神経の圧迫。
腕を触り、柔らかくなる位置に腕の位置を動かす
その位置のままお腹〜あばら全体をさする(あばらを磨くように)
などされてくださいませ

できたかどうかのチェックは
筋肉が柔らかいかどうか
抱きかかえた時の重さの変化
皮膚の動きやすさ
など観察されてくださいませ

変化の兆し
おかなのシワの湿疹が減る
お腹を出っ腹す姿勢が変わる
呼吸をした時に、あばらが膨らむ
などがあります

考察・解説

小児で湿疹が起こる場合は、体の中だけでなく、姿勢の影響も受けます。抱きかかえる姿勢などあります。特に湿疹がどこにできているかを確認します。シワに上にできていれば、シワを作っている姿勢や動き方を改善改善すれば、よくなります。今回はそのようなケースでした。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502