子供のアトピー

子供アトピー

子供アトピー

子供のアトピー目次

  • 子供のアトピーとは
  • 子供のアトピー肌の特徴
  • 出る部位に傾向がある
  • 肌以外に気をつけること
  • 整体でかゆみが良くなる
  • 整体を受けた方がいい場合

子供のアトピーとは

子供のアレルギー

子供のアトピー性皮膚炎はアレルギー以外にも起こります。

特に子供は代謝が活発で、熱がこもりやすいです。

アレルギー症状としてのかゆみや湿疹以外にも、子供の肌荒れは起こります。

 

子供のアトピー肌の特徴

アトピー肌の傾向

子供のアトピー肌は、乾燥している傾向にあります。
特に水分代謝が悪いことで、肌を潤おすことが上手くできません。
そのため、掻くことで肌に刺激を与えて、炎症を起こすことで肌の乾燥をまぎらわすことを無意識にしていしまいます。
乾燥→掻き壊し→炎症→かゆみ→掻き壊し

このような悪循環が起こります。
それを断ち切るためには、乾燥してかゆみが伴う場合には保湿もしくは冷却しましょう。対処法が増えることで、肌へのダメージを減らすことができます。
更に肘や膝のアトピーはいくつかの関連する事項があります。

 

出る部位に傾向がある

子供の肌荒れの傾向

肘や膝は腎臓と関連性がある
腎臓は水分代謝と関連のある臓器です。関節周囲の循環が悪いことでかゆみが起きます

かゆみは滞る部位にも起きます。
つまり、皮膚が厚くなり動きにくい部位や関節の動きが悪いところにも起きます。

掻き壊す→皮膚が厚くなる→動きが悪くなる→かゆみ→掻き壊す
このような悪循環も起きます

運動をした方が良いと言われるのは、この悪循環を断ち切ることも考えられます。

腎臓と膝肘

子供のアトピー性皮膚炎は、肘や膝に出る傾向があります。肘や膝の内側で特にシワのできる部分を中心に炎症が起きています。

 

炎症が起きているときは色味が赤く、かゆみも強い傾向にあります。そのため、衣類による摩擦や掻き壊す物理的な刺激のため、傷ができて皮膚は破壊されます。

 

これが繰り返し行われると、肌は厚くなり次第にひび割れるように変形してきます。

 

掻き壊す刺激により、赤黒くなり徐々に関節の動きも制限されます。このような状態の変化が、アトピー以外のかゆみを引き起こし、悪循環に陥ってしまいます。

肌以外に気をつけること

子供のデリケートな気持ち

小さい子供は良くも悪くも目立つことに注意がいきます。正しい知識がないため、伝染病のように「うつる」と言われて心の幼い子供同士ではこのような言葉によって傷つくこともあります。アトピーはうつるものではありません。しっかりとした知識をもち適切な処置をしていれば改善していきます。

 

親子のコミュニケーション

子供とのコミュニケーションだけでなく、子供の行く先の大人とも密なコミュニケーションを忘れずに行いましょう。子供は傷つきやすく、記憶にとどめやすい時期です。ほんの些細な一言が、大きなトラウマになることもあります。悪気のないことでも、言葉を素直に聞いてしまいます。

子供のアトピー施術の例

私の施術は爪の色が白くなるくらいのソフトな刺激で行います。
妊娠中からも受けることが可能な施術方法です。

子供は我慢することが苦手です。
長い時間動かないでいることでもストレスになります。

短時間で効果を最大限だす施術方法です。
施術自体は子供では5~10分ほどで終わります。

食事のアドバイスもいたします。

子供の内臓は未熟なため、食べたものを十分に消化吸収できません。
現在は食品添加物などを代表とする人工的甘味料を用いたお菓子も多くあります。体が必要としていないものを口にすることで、かゆみを増すことがあります。

特に添加物の多いコンビニ弁当やお菓子の他、金属アレルギーを含む食物アレルギーなども考慮して食材を選びましょう。

アトピーではこのような食事のありかたも十分に考慮していかなければなりません。さまざまな情報があふれる中でも本当に必要な情報をご提供いたします。

  • 子供のアトピー性皮膚炎1
  • 子供のアトピー性皮膚炎2

ビフォー矢印

  • 子供のアトピー性皮膚炎3
  • 子供のアトピー性皮膚炎4

ビフォー矢印

  • 子供のアトピー性皮膚炎5
  • 子供のアトピー性皮膚炎6

※「免責事項」こちら掲載された事例や体験談は個人の感想や成果によるもので万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には個人差があります。

  • 子供お腹のアトピー1 
  • 子供お腹のアトピー2

ビフォー矢印

  • 子供お腹のアトピー3
  • 子供お腹のアトピー4

ビフォー矢印

子供お腹のアトピー5

※「免責事項」こちら掲載された事例や体験談は個人の感想や成果によるもので万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には個人差があります

整体でかゆみが良くなる

かゆみや湿疹はアレルギーやかぶれ以外に起こります。もし、この2つはない場合は整体で体の中を整えることが有効です。

搔き壊しなどの炎症以外ではステロイドも効果的ではありません。抗ヒスタミン薬もなかなか聞かないことがあります。

このような場合は整体で体を中から整えましょう。筋肉、神経、血管のねじれなど様々な問題があります。これらは整体で解決できます。

整体を受けた方がいい場合

もし、お子さんがこのような場合なら整体を受けた方がいいです。

・汗をかけない

・姿勢が悪い

・成長が遅い

・体がやけに暑い

・薬をやめたい

・鼻が詰まっている

このような場合は整体で体を整える必要がある場合です。もし、そのままですと湿疹N¥やかゆみなどが起きやすいです。すでにかゆみや湿疹がある婆にはこれらをチェックしてみてください。早めの受診をおすすいたします。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加