もみあげがかゆい原因と対処

もみあげがかゆい原因と対処

もみあげがかゆい理由

もみあげがかゆい理由

  • 食いしばり
  • 摩擦や圧迫

食いしばり

湿疹や痒みが出る場合、その組織や部位に負担がかかっていることが多いです。もみあげに起こる湿疹も同様に、負担がかかっていることが多いです。

食いしばると、顎や耳周りについている筋肉が硬くなります。もみあげ周りにも、この食いしばる筋肉があります。食いしばりがあることで、神経を圧迫して感覚が過敏になる。または、血液の鬱滞が起こり、乾燥や赤みが出ることがあります。

摩擦や圧迫

もみあげには、メガネをかけることで、フレームがあたり圧迫されることがあります。圧迫を受けることで、血流が悪くなります。また、圧迫が加わり続けることで、神経が緊張します。さらには、フレームが動くことで、摩擦起こり、乾燥肌を作ってしまいます。

もみあげがかゆい時の対処

もみあげがかゆい時の対処

  • メガネのフレームを調節
  • 顎のマッサージ

メガネのフレームを調節

まずは、物理的な摩擦を減らすことから始めます。メガネのフレームであれば、メガネ屋さんへ行き、少し外にカーブするように調節することが良いです。

顎のマッサージ

皮膚よりも深い部分には筋肉があります。もみあげの下には、顎を動かす筋肉があります。食いしばりが多い場合は、この部分が硬くなりやすいです。
もみあげが痒くなりやすい場合、この食いしばりが多いです。そこで、この筋肉を緩めることで痒みが出た場合も、その痒みを止めることができます。

ぜひ、試してみてくださいませ。

動画で解説

もみあげのアトピーについて詳しくはこちら

もみあげのアトピー