アミロイド苔癬は削るとよくなるのか?

アミロイド苔癬は削るとよくなるのか?

アトピーを初めとするかゆみが長期間続くことで皮膚が硬く黒く変形することがあります。このような変形を苔癬といいます。皮膚の角質が厚く硬くなることで起こるものです。本来は柔らかい皮膚ですが、慢性的に刺激が加わる、傷ができる状況が続くことで、皮膚はその刺激に適応しようと硬くあるいは厚くなるのです。鳥肌のようにぼこぼこと浮き出てそれが硬くなったものが気になり、きっかく、えぐる削るなどを行っていまいがちです。しかし、これらの処置をしてしまうと、返って刺激になり広がる恐れがあります。それではどんな処置が良いのでしょうか?答えは、柔らかくして巡りを促すことで皮膚は本来持つ肌に戻ることができます。
それでは、英気治療院の取り組みを交えて解説させていただきます。

1,アミロイド苔癬は皮膚を柔らかくしてよくする

  • 刺激を加えない
  • 柔らかくする

皮膚に刺激を入れて硬くした場合は、刺激を加えることがなくなれば皮膚良くなっていきます。
つまりは、かゆみが起きたときに対する対処と、皮膚を柔らかくする処置の2つが必要になります。

かゆい時はごます

かゆみの対策はごまかす、感覚変換が一番いい

かゆみの感覚は、一度気になってしまうと、何回も繰り返してしまいます。かゆみを感じるのが癖になっているのです。その場合は、かゆみ以外の感覚を入力することで、かゆみそのものが体のサインとして起こりにくくなります。
また、かゆみが起きてしまった場合は、清涼感のある軟こうなど別の刺激を加えることで、皮膚を傷つけることなくかゆみを抑えることができます。

2,硬くなったアミロイド苔癬は削ると余計に増える

アミロイド苔癬は、皮膚が厚くなった余分なものだから、削ってしまえば良いのでは?そう思われる方もおられるかと思います。結果からいうと、刺激を加えてしまうとかえって厚くなり広がってしまうことが多いです。この現象は、かかとの皮膚の厚みと同じです。かかとの皮膚が厚くなる原因は、体重がかかとに偏っていることで、常に刺激が加わり続けていることです。かかとの皮膚を薄くするために軽石などでかかとを削る方もおられますが、軽石などでかかとを削る方もおられますが、それは刺激を加えることになり、余計に厚みを増す結果となります。皮膚の対戦も同じで、刺激を加えることが悪化を招きます。ですので、皮膚を柔らかくして、苔癬を解消するには、刺激を加えないことが大切なのです。

3,アミロイド苔癬は栄養補給、温熱療法でよくできる

アミロイド苔癬は、皮膚に刺激を加えることで増えてしまいます。それでは、どうすればよくできるでしょうか?
その答えは、皮膚の生まれ変わりを促すことです。ただし、無理に刺激を加えるピーリングなどではなく、周囲の環境を整えることで促すのがポイントになります。
アミロイド苔癬を解消するには、苔癬になってしまったことで起こる体の変化を解消する、皮膚が持っていた状況を意図的に作ることでよくできます。温熱療法は、そんな皮膚の感覚異常の解消や代謝を促すケアとして有効です。

4,整体でアミロイド苔癬の増加を止める方法<

アミロイド苔癬は、皮膚に刺激が加わったことで起こる変形です。痒みが起きるときは、痒くなる刺激があるのか、あるいは痒みを感じやすい状態なのかにもよります。

痒みを感じやすい状態を感覚過敏と言います。また、かゆみを感じる刺激とは炎症やアレルゲンの摂取や接触があるときです。アレルギーや炎症については薬での処置が有効です。それらを使用しても変わらない場合は、炎症やアレルギー反応以外の問題として分けることができます。

感覚過敏は別の感覚入力でよくする

痒みは、血液や神経を介して感じています。なので、かららの巡りが悪くなると、過敏に感じたら、感覚に鈍くなったりします。整体では、神経の通りをよくしたり、様々な感覚を入れることで痒みにくくします。

5,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

アミロイド苔癬は、痒みが起きた時の対処と痒みが起こりにくくなら為の対策が必要です。どんな時に痒みを感じてどのようにケアをするのかが大切です。ぜひとも体にかかる負担を減して、皮膚の持つ本来の機能を取り戻してくださいませ。そうすることで、皮膚は適応して共の状態に戻っていきます。