アトピーの色素沈着が残っているのですが、どうすれば消えるのでしょうか?

アトピーの色素沈着が残っているのですが、どうすれば消えるのでしょうか?

色素沈着ができる理由

色素沈着ができる理由

  • 刺激が多い
  • ストレスが多い

刺激が多い

色素沈着は、摩擦や刺激が加わることで起こります。

色がつくのは、メラニンを分泌してコーティングするように体が変化するためです。鼠蹊部や脇、ベルトをまく腰、下着周りなどはこのような圧迫や摩擦のために色素沈着が起こっています。

ストレスが多い

ストレスが多い場合には、脳の下垂体から抗ストレスホルモンの分泌を促すホルモンが出ます。この脳の下垂体には、メラニンを分泌を促す部分もあります。ストレスを受け続けることで、実は、メラニンの分泌もう流れされてしまいます。

炎症が長期間続いている場合、睡眠不足などストレスが長期に加わることで、色素沈着が起こりやすくなるのです。

色素沈着の対策

色素沈着の対策

  • 過緊張を解消する
  • 美白剤を使用する
  • 代謝を促す

過緊張を解消する

ストレスが加わると、体は緊張します。そんな状況を過緊張といいます。このような状態は、体の筋肉の緊張に現れます。
この過緊張の解消するためには、筋肉の緊張を緩和すると良いです。

他にも呼吸法やアロマの香りをかぐなどリラックス効果を得ることができれば有効です。

美白剤を使用する

色素沈着の直接的な対処としては、美白剤の使用が良いです。

基本的には、こちらをはじめにされる方が多いです。しかし、うまくいかない場合には、上記のストレス解消も並行して取り組まれると良いです。
また、美白剤には、メラニンの還元、分泌を抑える、代謝を促すなど作用する部分の違いがあります。ですので、使用するときには、用途の違いを確認されると良いです。

代謝を促す

色素沈着の改善には、代謝を促し、皮膚を生まれ変わらせることが必要になります。その大きな要素が血流です。血の巡りが悪いと生まれ変わりも遅く、また炎症やニキビなども起こりやすいのです。

このように、皮膚と皮膚以外のケアを併用することで、今の状態を打開できます。

動画で解説