ニキビ跡を治す

ニキビ跡を治す

ニキビの対策

ニキビの対策

  • スキンケア
  • 血流改善
  • 栄養補給

スキンケア

ニキビのケアの基本は、スキンケアです。

スキンケアとは、基礎化粧品を使用することが一般的です。しかし、それだけでは不十分な場合があります。その理由は、ニキビ跡は炎症が起きていないので、なかなか凹凸へ有効なケアとなりにくいのです。

血流改善

ニキビ跡をよくする場合は、皮膚の構造を再構築する必要があります。そのためには、一度壊す方法も有効です。再生を促す過程で、再構築ができるのです。その際に血液のめぐりをよくすることで再構築が可能となります。

栄養補給

ニキビ跡をよくするには、皮膚に必要な栄養素をニキビ跡の部分に届ける必要があります。皮膚にビタミンやミネラルのほか、タンパク質の摂取を日頃から摂取していることが大切になります。

アプローチは様々ある
↓↓
自分に必要なケアを見つける

オススメのケア

オススメのケア

  • 針刺激
  • お灸
  • 光線治療

針刺激

ニキビ跡をよくする場合には、皮膚を再構築させます。その再構築の方法として、針治療が有効です。針を皮膚に刺すことで、皮膚に損傷を起こして再構築することができます。

お灸

皮膚を再構築するとニキビ跡を改善することができます。皮膚を刺激する方法の1つに熱刺激があります。この熱刺激の代表にお灸があります。温かい熱刺激よりも少し暑いくらいがちょうどいいのです。

光線治療

光線治療をすることで、皮膚へ刺激を与えて、ニキビ跡を改善できます。光の刺激で皮膚の深い部分へ刺激が可能です。光線治療の刺激で、軽微な損傷を起こして皮膚の再構築をすることができます。

物理刺激でも良くなる
↓↓
さじ加減が大切

針の効果

針の効果

  • 経皮吸収の向上
  • コラーゲン産生の誘発

針刺激の効果として、経皮吸収の向上とコラーゲン産生の誘発があります。このうちのコラーゲン産生の誘発がニキビ跡の解消につながります。真皮層までの刺激がコラーゲン産生の誘発を可能とします。

刺激することで再生を促す
↓↓
どの様に刺激するのかが大切

針刺激でニキビをよくする

針刺激でニキビをよくする

  • ローラー針
  • ダーマローラー
  • マイクロニードル
  • 置き針
  • 美容鍼

針刺激をするとコラーゲン産生の誘発をして、ニキビ跡の改善が可能です。

針刺激にも、いくつか種類があります。皮膚表面へ刺激するものから真皮層まで到達するものまで様々あります。

注意が必要なのは、菌の感染です。グジュグジュする、体液が出る場合は、菌の感染の可能性があるので、刺さる針の使用は避けましょう。

刺激のバランス
↓↓
感染症には要注意

動画で解説

ニキビについて詳しくはこちら

ニキビ

この記事に関する関連記事