料理をするとかゆい手首のひび割れや湿疹

調理をすると手首がかゆい

かゆみは突然に起こります。それが皮膚そのものではない場合も多いのです。例えば、調理をしている最中やそのあとに手首がかゆい場合は要注意です。もしかしたら、調理をしているその体の扱い方に問題があることも考えられるからです。

料理をすると手首がかゆくなる理由とは?

料理をしている時に手首がかゆくなるのは3つあります。

  • 洗剤などのかぶれ
  • 指の使いすぎ
  • 関節の負担

この3つのうち2つは手袋をはめることで解消できます。もう1つは、洗剤など触れるものを除外することです。指の関節や筋肉を酷使することで、皮膚の動きが悪くなります。また、関節などに熱が集まり炎症が起こります。その影響が皮膚に波及してかゆみが起こる場合があります。

手首がかゆくなった時の対処法

  • 水ですすいでかゆみを止める
  • 保冷剤で冷やして感覚を麻痺らせる
  • 温めて巡りをよくする

水ですすいでかゆみを止める

水ですすぐ事で冷却と筋肉が緩むのでかゆみは止まりやすいです。特にかゆみを感じた直後には効果的です。かゆいと感じた時に、かゆみ以外にその部位がどうなっているのかを確認されると、なぜかゆみが起きたのかがわかります。また、洗剤によるかぶれの場合であっても、刺激物が流れるのでかゆみは緩和されます。

保冷剤で冷やして感覚を麻痺らせる

炎症が起きた場合激しいかゆにみは有効です。保冷剤は、直接ではなく、タオルや布、サランラップなどを介して接触させてくださいませ。また、赤くなる程度にしましょう。白くなると凍傷の恐れがります。安全なのは氷を水ですすいで溶けやすくしたもので冷やすのが良いです。

温めて巡りをよくする

筋肉のこわばりや力の入れすぎ、使いすぎの疲労によるものは温める事で緩みます。もし、冷やすのと迷った場合は、心地よい方を選択しましょう。そうする事で今の体にあった手段を選択できます。

手首がかゆみを予防する方法とは?

  • 手袋をはめてグリップ力を高める
  • 仕込みと調理を分ける
  • 手を温めてから調理する

手首や指の使いすぎでかゆみは起こりやすいです。まずは温めてから使用してみてくださいませ。血の巡りが良く、こわばりにくくなります。それでもかゆみが起こる場合は、ゴム手袋など握力を補助してくれるものをつけて行います。そうする事で、洗剤からも守ることができます。体の使い方はなかなかすぐには変わり肉でうs。その場合は、皮むきなどの仕込みと調理を分けるなどして、手首や指そのものへの負担を減らしてみましょう。

まとめ

さて、如何でしたでしょうか?

主婦湿疹をはじめとするかぶれやアレルギー症状以外でも、かゆみは起こるものです。その原因がわかれば、適切な対処ができる適切な対処ができます。是非とも、試して見てくださいませ。

 

自分の原因や対処法が知りたい!そんな場合は、お気軽にご相談くださいませ。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502