手のひび割れやあかぎれが良くならない理由と改善策

手指のひび割れアドバイス紹介

1,あかぎれとは?

あかぎれとは、寒さのために手足の皮が裂けたものと言われています。

(コトバンクよりhttps://kotobank.jp/word/%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%8E%E3%82%8C-24274

冬にかけて起こりやすく、特に家事をはじめとする水仕事をする際によく起こります。手指の関節や平にひび割れができて、なかなか治りにくいものとされています。

2,あかぎれが起こる原因

  • 血行不良
  • 皮脂の落としすぎによる刺激過剰
  • 寒さによる皮膚の柔軟性低下
  • 神経の緊張による皮膚の引きつり

冷たい水などの寒さによって、皮膚の血行不良とひfの柔軟性の低下によって起こるとされています。しかし、それだけでなき筋肉や神経の問題も伴います。皮膚の柔軟性低下は、皮膚のもろさを助長します。そのため、首肩こりがある方に、このあかぎれは起こりやすいです。

また、自律神経が乱れることによっても皮脂の分泌低下や血行不良も引き起こされます。物理的な刺激以外にも、体のもろさもあかぎれには関与してくるのです。

3,ひび割れやあかぎれが起こる人の特徴

あかぎれは、刺激過剰と皮膚のもろさによって起こります。家事などをする主婦の方には起こりやすい症状です。また、普段から緊張が強い方では、皮膚の引きつりが起こるのでひび割れが起こりやすくなります。また、首肩こりなども神経の緊張を引き起こします。このように、外部刺激が多い場合や、体の緊張が強い方に起こりやすい傾向にあります。

4,あかぎれが起こる時にする対処

  • 傷口の保護
  • 血行をよくする
  • 筋肉をマッサージ
  • 神経の緊張を緩和する

あかぎれやひび割れが起きた場合、傷の保護や温めるケアを多くの方が行います。しかし、繰り返し起こる症状であれば、皮膚を丈夫にして、皮膚が裂けない要する予防的な取り組みも必要になります。
指先をよく使う仕事や姿勢が固まりやすい場合には、余計に必要になります。首肩こりや猫背などの体に負担のかかる症状や姿勢を解消することで、ひび割れやあかぎれは起こりにくくなります。

5,あかぎれが起こらないための予防

  • 過剰な刺激を減らす
  • 刺激に過敏にならないようにする

洗剤や水仕事が多いと、どうしてもひび割れやあかぎれは起こりやすくなります。その場合は、ゴム手袋をしたりクリームを塗って保護をすることが必要です。どうしてもしなければならない仕事があれば、刺激を減らす工夫が必要になります。

また、疲労や緊張が強いと皮膚が引きつり刺激に過敏になります。その場合は、緊張を緩めることで傷ができにくい状態になれます。

6,整体であかぎれが解消できる理由

体の緊張や血行不良があかぎれやひび割れを引き起こします。ですので、筋肉を柔軟にして緊張を緩めることが、あかぎれやひび割れの予防につながります。また、長時間同じ姿勢をすることでも、体の緊張は起こります。そのため、普段の姿勢作りや行動の習慣を意識することでも、あかぎれやひび割れを予防することができます。

7,この記事のまとめ

ひび割れやあかぎれは、血行不良や寒さによって起こるとされています。しかし、外部の刺激だけでなく、緊張や柔軟性の低下によっても、刺激に過敏になり引き起こされます。猫背や首肩こりなどの慢性的な問題を解消することで、ひび割れやあかぎれを予防することができます。いかにして、症状を起こさないかが大切です。日頃の意識の仕方が、体への負担を減らす習慣づくりにつながります。是非とも、寒い時期に悩まれている方は、日頃の姿勢や緊張状態にも目を向けてみてくださいませ。

英気治療院にLINEで予約

アトピーの悩みをL電話で相談

アトピーの悩みをメールで相談

指のひび割れについて詳しくはこちら

指のひび割れ

この記事に関する関連記事