蕁麻疹のかゆみの原因はヒスタミン過剰

スライド1

写真は左右にスライドできます

蕁麻疹はヒスタミンが多いことで起こる

蕁麻疹はヒスタミンが多いことで起こる

蕁麻疹は、丘疹と言われるボコッと盛り上がった湿疹が起こります。その丘疹は、ヒスタミンによって引き起こされることが多いです。
ヒスタミンは血液中では様々な物質を集める作用があります。そのため、集まったところが赤くなり、盛り上がるのです。本来は、血管の内部の修復などのために起こりますが、過剰にヒスタミンが働くことで、必要以上に血液などが集まり赤く、腫れてしまうのです。そのような見た目が丘疹となって現れています。
それでは、どんな理由でヒスタミンが多くなるのでしょうか?ヒスタミンが多くなるには3つの理由があります。

 

ヒスタミンが多くなる理由は三つある

ヒスタミンが多くなる理由は三つある

  • ヒスタミンの材料が多い
  • ヒスタミンを分泌しやすい
  • アレルギー症状

ヒスタミンの材料が多い

ヒスタミンの材料は、アミノ酸の1種であるヒスチジンです。このアミノ酸が多いと、ヒスタミンが多くなりやすいです。ヒスチジンが多くなる理由は普段の食生活に影響を受けます。特にを含める食材を偏って摂取している場合は、体内のヒスチジンが多くなり、ヒスタミンが増えやすくなります。

ヒスタミンを分泌しやすい

ヒスタミンが多くなる理由には、ヒスタミンの分泌を促す食材の摂取も問題となります。例えばトマトがその一つです。健康にいいと言われている食材でも、偏って摂取していれば、体にとっては負担になることもあります。

アレルギー症状

アレルギー症状を持っていると、反応することでヒスタミンが免疫細胞から分泌されます。
特に気をつけたいのが、季節性のアレルゲンです。例えばスギ花粉では、トマトで反応しやすいです。トマトはヒスタミンを多く含み、分泌を促す食べ物でもあります。ですので、花粉に限らず、トマトをよく食べている方は、それを減らすだけでも蕁麻疹の症状が楽になることもあります。

 

食事が原因の場合は避けるのが基本

蕁麻疹の原因は、普段の生活習慣に影響を受けることが多いです。特に食事を見直すことは一番初めに行います。

ヒスタミンの前駆体を多く含むものや分泌を促すものを避けます。さらには、アレルゲンの摂取や接触など体にとって負担になるものをまずは避けます。そうすることで体の中からの反応が変わります。食材は、体の中に入って反応します。ですので、白血級の代謝である2〜3週間の期間を一つの目安として観察されると良いです。

  • ヒスタミンの前駆体を多く含むもの
  • ヒスタミンの分泌を促すもの
  • シイタケ蕁麻疹

ヒスタミンの前駆体を多く含むもの

ヒスタミンの分泌を促すもの

シイタケ蕁麻疹

ヒスタミンは緊張しても出やすい

蕁麻疹の原因は、ヒスタミンの過剰によることが多いです。その一つの食事の問題をお伝えしました。そのほかには、体の過緊張もあります。
過度な緊張は、交感神経が優位となり、感覚が過敏になりやすいです。緊張することでヒスタミンも分泌されやすくなります。
  • 血管内皮細胞への刺激
  • ヒスタミンの分泌
体が緊張することで、血管が細くなります。血管が急激に拡張するときに、血管の内皮細胞が刺激を受けて、ヒスタミンが分泌されます。その変化が急であれば、蕁麻疹のような症状が起こりやすくなります。このような体の状態によっても蕁麻疹は誘発されてしまいます。
蕁麻疹の主な原因は食事や緊張ということが理解できたかと思います。それでは、食事の変化と緊張の緩和が蕁麻疹の対処となってきます。次は、その具体的な方穂について解説していきます。

今からできるヒスタミン対策はこの三つ

  • 食事はローテーション
  • 筋肉の緊張緩和にマッサージ
  • 血行促進に入浴

食事はローテーション

食事については偏って同じようなものを食べないようにすることから始めてみましょう。ヒスタミンの前駆体を含むものは多くあります。全てを除外するのは現実的ではありません。ですので、同じようなものを摂らないようにして変化を見るだけでも変化はしますので、試してみてくださいませ。

筋肉の緊張緩和にマッサージ

体の緊張は筋肉の硬さに現れます。ですので、筋肉を緩めることで緊張を緩和できます。

血行促進に入浴

血行循環が良いと、ヒスタミンの濃度も薄まり、緊張も緩和できます。オススメなのが入浴です。しかし、熱めのお湯は注意が必要です。急激な血管拡張はヒスタミンの分泌を促してしまします。まずはぬるめでゆっくり浸かることから始めてみましょう。

この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか。
蕁麻疹は原因不明ではありません。起こるべくして起きている症状なのです。是非とも該当する事項があれば、その改善をしてみてくださいませ。