アトピーで痒みが起こる2つの理由

アトピーの原因の見つけ方

1,アトピーで痒みが出る2つの理由

痒いという感覚は、意味があって起きています。体はサインとして感覚を引き起こしています。その意図を汲み取ることができれば、傷を作ることなく適切な対処ができるようになります。

痒いときは負担を減らす

痒みは2つの理由で起こります。ただし、かいても止まらない場合は、対処の仕方があっておりません。体が訴えているサインは負担を解消したいその部位を治したいの2つです。

2,かゆみは改善のヒント

痒みを感じているときは、その部分に負担がかかっています。負担とは、自分自身の体の状態と、周囲の環境を観察すると見つけることができます。

体の状態を観察する

痒い時にはその部分を観察しましょう。例えば、何か触れたものがあるか、かぶれの有無を見ます。もし、そうでなければ、皮膚よりも深い部分を観察します。例えば、筋肉を見ましょう。湿疹の形を見ると筋肉の形になっているときは、筋肉の負担を考えます。そうであれば、痒みを起こさないためには、筋肉を柔らかくすれば良いのです。

3,寝ている時にかくのは治したい部分

無意識に触れてしまうときは、治したい部分を触れています。具体的には、寝ている時にかいてしまう場合です。人は無意識に触れるときは、触れたいから触れているのです。お腹が痛い時にお腹に手を当てるのと同じことです。

寝ている時の痒みはケア不足

もし、寝ている時にかいている場合は、起きている時にその部分の負担や疲労が取りきれていないために起きています。もし、そうであれば、起きているうちにその部分をケアすれば良いのです。寝ているおt気に搔き壊しは、寝返りや歯ぎしりと同じようなものです。もし、かいたとしても、傷ができない程度を目指しましょう。

4,痒みが起きた時の3つの対策る

痒みを感じた時に、かいてもなかなか痒みは止まりません。多くの場合は、炎症や傷を作って悪化させてしまいます。そんな問題は、痒みそのものを止める手立てをすれば良いです。

痒み対策

痒みを止めるのにゆうめなのが「冷やす」です。保冷剤で患部を冷やすと痒みは一時的に止まります。もう1つが「温める」です。冷やすよりも刺激が強いです。おすすめなのがメントールの成分がかいったメンタームなどの軟膏です。塗るだけで痒みが紛れます。このようにして、痒みそのものを止めることができれば、傷を作ることなく、悪循環を断ち切ることができます。湿疹はかかなければよくなります。

5,この記事のまとめ防

さて、いかがでしたでしょうか。

痒みは意味があって出ています。その意図を汲み取るこで適切な対処ができるようになります。メンタームをはじめとする軟膏がいつでもすぐに使えるのでおすすめです。是非とも、傷がある、夜眠れない、一定のタイミングで痒みが出る場合には、メンタームを使って見てくださいませ。かなり、楽になります。

この記事が皆様のお役になれば幸いです。

6,参考・引用文献

ダイノルフィンは、脊髄の後角部のかゆみを抑えるための神経調節剤として働く(第82巻、第3号、2014年5月7日、ページ573-586)

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0896627314002086

かゆい時の対策と原因について詳しくはこちら

かゆい時の対策と原因

この記事に関する関連記事