顔の赤みと自律神経

  • 自律神経の乱れが顔を赤くする
  • 自律神経の2つの役割
  • 血液のめぐり方が異なる
  • 自律神経の乱れが顔を赤くする
  • 整体で自律神経を整える
  • 整体を受けた方がいい場合

アトピーと顔の赤み

自律神経の乱れが顔を赤くする

自律神経とは体の状態を維持するために必要な機能です。気温が下がれば体の体温を一定にしようと鼓舞させて温めます。気温が高くなると汗をかき熱を発散させます。このように自律神経は体の状態を維持するために、変化に自動的に適応するシステムなのです。

 

しかし、このような変化に対して適切に反応できなくなると体は不調を訴えます。これが自律神経失調症です。

このような失調症の1つに血管の拡張があります。顔の赤みが取れなかったり常に赤い場合にはこのような自律神経の乱れが関係してくることもあります。

 

このような自律神経には大きく分けて2つに分類できます。1つが交感神経です。もう1つは副交感神経と言われるものです。

自律神経の2つの役割

自律神経には交感神経と副交感神経の2つに分けられます。

意識が外向きの交感神経

交感神経は1ことで言えば「戦闘モード」です。意識が外向きになり常に臨戦態勢になります。血液のめぐりは筋肉や体表面に集まります。いつでも動ける状態でいるのが交感神経の特徴です。

 

意識が内向きの副交感神経

副交感神経は意識が内向きな状態です。一言で言えば「リラックスモード」です。内臓の働きが優位になり、体を休める時などに働きます。

血液のめぐり方が異なる

交感神経と副交感神経とでは主に機能面で異なります。どんなと状況で働くかの違いが現れています。

これは昔、狩猟をしていた時は交感神経が優位に働き、家路に戻り家族と団欒したり食事をする時の習慣も影響してきます。狩りをする時は体を動かしたり、遠くを見るため交感神経の働きもそのように分布しています。

一方、副交感神経は近い距離をみたり、食事で内臓が働きやすくなるなど状況に応じた神経の分布になっています。

 

このように本来の体の使い方ニオ時て神経は機能しやすくなっています。しかし、現代では仕事内容にパソコン作業が増えたり、体を動かしていた遊びがゲームに変わったりと環境が変わっています。本来もつ自律神経の働きと実際の行動がことなるため、自律神経はl乱れやすくなっています。

自律神経の乱れが顔を赤くする

顔の赤みは血液が集まることで起こります。その集まる時にはいくつかの条件が必要です。その1つに自律神経の働きがあります。

 

自律神経は血管の拡張や収縮を担っています。必要な時に血管が拡張すれば良いのですが、自律神経が乱れると謝った反応をします。

 

例えば血管が拡張するが、収縮しにくい。血管が本来は反応しない刺激でも拡張してしまうなどです。このような変化は自分自身の状態とそれを取り巻く状況によって起こります。それを把握して何が引き金になっているかに気づければ、改善する糸口になります。

 

体の状態は整体で整えることでよくできます。しかし、状態が良くなっても、引き金になる状況が変わらなければ同じようなことを繰り返してしまいます。状況と状態の双方に対処できると同じことを繰り返さずに済みます。

整体で自律神経を整える

顔の赤みは自律神経の影響で起こることがあります。顔の赤みは自律神経の乱れによっても起こります。

 

このような自律神経の問題は整体でよくできます。特に頭蓋骨や内臓調整はその場で赤みも引くくらい変化を実感できます。もし、心当たりのある場合には試してみてください。

整体を受けた方がいい場合

もし、このような悩みがあれば整体を受けた方が良いです

・顔が常に赤い

・爪でかくと白くなる

・パソコン作業が多い

・スマホを手放せない

・夜熟眠できない

このような場合は整体を受けることで良くなります。お早めの受診をお勧めいたします。

ご不明な事項がありました際は、お気軽にご相談くださいませ

電話予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502