寝ている時にかいてしまう原因と対処

寝ている時にかいてしまう

寝ている時の問題

寝ている時の問題

  • 無意識の反応が起こる
  • 自覚のない負担を解消
  • 制御が効かない

無意識の問題が起きている

無意識の反応が起こる

寝ているとき、無意識にかいてしまうのは、体が異常を感じて、解消しようとしているためです。
寝ている間の意識は、無意識になっています。人は本能的に動き時は無意識に動かされます。意識がない時こそ本能が動きやすくなります。

体をよくしたいなどの反応も無意識に行われます。寝ているときにかくのは、この無意識の反応の1つなのです。

 

自覚のない負担を解消

無意識下で行われている仕草や動作は、体の負担を解消しようとする働きがけの1つです。
例えば、椅子に座って足を組むのもその1つです。この場合は、骨盤やお尻の硬さを解消したくて行われることが多いです。

寝ているときの歯軋りや寝返りもそんな体を調節する無意識の動きです。かくという行為もその1つです。しかし、問題になるのは、傷ができる、覚醒するまでかいてしまうことです。この2つが起きてしまう場合は、かくという行為は適切でないと言えます。

制御が効かない

体が無意識に行う小lウイは必ずしも正しいわけではありません。その1つにイライラすると頭をかきこわす行為があります。こればストレスを感じて緊張する、熱が上ることを解消したくかくという行為で解消しようとしています。しかし、かくという行為そのものでは熱が発散しきれません。緊張も思ったほど解消できないので、毛が抜けたり傷ができるまでかいてしまいます。

それでもなぜ行われるかというと、かくことで気持ちがスッキリ、そして快感を感じるからです。これを代償と言います。本質的な問題は解決していませんが、あたかも問題が解決したかの様な感覚を感じることができてしまいます。この代償こそがかきぐせの大元であります。

かいてしまう理由

かいてしまう理由

  • 体の疲労や負担の解消
  • 感覚のズレ
  • 刺激に反応している

起きている間に対処すべし

体の疲労や負担の解消

かいてしまう行為は、体の不調や負担を解消したくて行われることが多いです。

問題なのは、傷ができるまでかき続けてしまうことです。この問題の原因は、感覚のズレや代償動作で問題をずらしてしまっていることです。

感覚のズレ

かゆいという感覚は誰しもが持っている感覚です。しかし、感じている間買うが常時正しいというわけではありません。
問題の先送りやズレを起こすときに代償という行為を行います。それにより、一時的には回避できるのですが、再度問題が起こるというサイクルを作ってしまいます。

痒みもその1つです。また、掻くことを繰り返すと皮膚は脆くなり過敏になることで、痒み安くなるイッチ・スクラッチ・サイクルという悪循環に陥ってしまいます。

感覚ズレは、適切な問題解決で解消できます。

刺激に反応している

体は一定の刺激に対してステレオ式に反応することがあります。痒みもその1つです。

かき癖や条件で痒みを感じてしまうことがあります。レモンをみて唾液が出る様なものです。思い込みや癖が痒みを想起させるのです。
汗をかくとかゆいというのもその1つです。実際に汗そのものが原因でないけど、かゆいときに汗をかいていたことでそれが原因と勘違いしてしまいます。それから汗をかくごとに痒みを感じやすくなってしまいます。

寝る前にできる対処

寝る前にできる対処

  • 体の緊張を緩和
  • 回りをよくする
  • 刺激を減らす

必要がなくなれば傷も減る

体の緊張を緩和

体の緊張があると感覚過敏になりやすいので、緊張を緩和することで痒みにくくなります。

体の緊張は神経や筋肉に反映されやすいです。ですので、筋肉の緊張がある部分を中心に緩めることで、痒みにくくなります。

回りをよくする

血液のめぐりが悪い部分にむず痒さや炎症反応が起こりやすくなります。

そこで、痒みを感じたときに血液のめぐりをよくすることを試してみましょう。もし、血液のめぐりが悪い場合にはその痒みは解消されます。オススメはペットボトルや湯たんぽなどであてがうことです。

刺激を減らす

体に触れる様な刺激を減らす、刺激から守ることで痒みにくい状態を作ることができます。

寝ている時は無防備です。なので、かくという刺激の強さを減らすか、かく部分を守ることで、寝ているときの覚醒を防ぐことができます。また、その負担が減ることで傷にもならずにすみます。オススメはフィルムドレッシングやトップコートを塗ると良いです。

ぜひ、試してみてくださいませ。

動画で解説