家に帰ると痒い理由と対処

家に帰ると痒い理由と対処

家に帰ると起こる変化

https://eiki-tiryouin.co.jp/wp-admin/post.php?post=9909&action=edit#

家に帰ると起こる変化

  • 緊張が緩和
  • 着替えをする
  • ルーティーンが起こる

緊張が緩和

帰宅するときには、誰しもが緊張から解放されます。そうすることで、意識が内側に向けられるので、自分自身の体の不調に気が付きやすくなります。その変化から、不調を感じた部分に痒みや違和感を感じることがあります。この変化は、緊張することが多い時ほど起こりやすいです。また、平日や休日でも違いが出やすいです。

着替えをする

帰宅するとかゆいと一言で言っても、どのタイミングかは人のよって異なります。例えば、帰宅して着替えている最中に痒みを感じることもあります。その場合は、着替えるという行為が引き金になっています。衣類を脱ぐことは、外気と触れるので、乾燥などを感じることがあります。この場合は、帰宅そのものでなく、外気と触れたことが問題になります。

ルーティーンが起こる

とりわけ目立つことがなく、家に帰ると掻くのが当たり前になっていると、それはかきぐせかもしれません。いつものルーティーンが無意識に刷り込まれています。掻かないことがむしろ違和感になっています。この様なことが繰り返されると、自ら炎症を起こし続けるので、治りにくくなってしまいます。

きっかけに気づけると改善できる

なぜ、痒みが起きるのか

なぜ、痒みが起きるのか

  • 外気に触れる
  • 負担を自覚
  • かきぐせ

外気に触れる

帰宅して着替えるときに痒みを感じるのは外気に触れることが多いです。

ではなぜ、外気に触れると痒くなるにでしょうか?それは、衣類によって乾燥肌を作っている場合があります。衣類の繊維が化学繊維の場合、皮膚の電位を相殺して過敏な状態を作ってしまいます。また、乾燥する時期では摩擦や摩耗によって皮膚の潤いやバリア機能が損なわれてしまいます。さらに、着替えるときに摩擦で静電気が生じて刺激になることもあります。

この様に衣類の繊維や着替え方など皮膚に刺激が加わり、皮膚を保護しなくなったタイミングで自覚してしまっているのです。

負担を自覚

帰宅するときには、緊張が緩和されて、意識が内側に向きます。意識が内側に向く特には、体の不調を感じやすくなります。忙しいときに空腹や尿意を感じにくいのと同じ様に痒みや体の負担を感じにくくなります。それが帰宅して気持ちが落ち着くと自覚しやすくなります。

緊張とリラックスのバランスがいいと、帰宅する以前に負担を感じたときにきちんと自覚できる様になります。これには自律神経のバランスが関係しています。普段から緊張、つまり交感神経が優位になっている人ほどこの傾向にあります。交感神経が優位な人は、呼吸が浅い、手足に冷え、背中の緊張などの特徴があります。この変化に気づけると意識してコントロールできる様になります。

かきぐせ

かゆみがなくても、ついかいてしまうことをかき癖といいます。掻くことで落ち着く、心地よい、精神安定など様々な理由があります。帰宅してかいてしまうのものこ1つです。掻くことでリラックスを促す場合もあります。この場合は、癖になっている習慣が問題です。この問題は、痒みそのものではないので、習慣になっている行為を書き換えることで改善することができます。

その時何をしていたのかがヒントになる

帰宅する前にできる痒みの対策

帰宅する前にできる痒みの対策

  • 予め緊張を緩和
  • 着替える場所を変える
  • ルーティーンを変える

予め緊張を緩和

帰宅すると痒くなる場合、リラックスして自分の内側に意識が向いたことがきっかけになります。この場合は、気がつかないうちに負担や疲労を蓄積していることが問題です。ですので、この場合は、意識して体のケアをすることが解決策になります。

意識するヒントは、体の姿勢の崩れたときにケアすることです。例えば、足を組みたい、猫背になってきたなどでは、体に負担がかかっているので、その負担を解消する働きがけとして出ています。このタイミングでケアをすると、痒みでない感覚を外出しているときにも感じることができる様になります。

よくなる傾向として、痒みなどの不調が頻度よく感じられてきます。その結果、帰宅しても抑えられるくらいに程度が減少してきます。

着替える場所を変える

着替えるときに痒みを感じるのは、皮膚への刺激や乾燥が主な原因です。この場合は、浴室など湿度のあるところで着替えてみましょう。そうすることで、衣類を脱いでも乾燥することはなくなります。

他にも摩擦や摩耗は衣類の繊維によって起こります。化学繊維を直接肌に触れている場合は、その繊維を変えてみましょう。そうすることで、仮に摩擦が起きても皮膚へのダメージは少なくてすみます。

ルーティーンを変える

帰宅するときに、ついかいてしまうかき癖は、意識して別のルーティーンを作ることで上書きできます。例えば、風呂に直行する、自分の部屋に行って音楽をかける、換気をするなど別の行動を入れてみましょう。意識がそっちに行くことで痒くなくても掻くことはなくなります。

痒みのタイミングを変える

動画で解説