腕のかゆみの原因と対策

腕のかゆみの原因と対策

腕のかゆみの原因

腕のかゆみの原因

  • 神経の緊張
  • 皮膚の引きつり
  • 血流が悪い

神経の緊張

神経が緊張するということで、腕は痒みを感じやすくなります。
神経が圧迫されることで、感覚が過敏になります。

腕の神経は首からでて、胸、脇、鎖骨を通り指先まで連なっています。その指先までの間で圧迫が加わることで、痒みが増します。

皮膚の引きつり

皮膚が引きつることで、乾燥やこそばゆさを感じます。また、皮膚が引きつること動きが制限され、またはシワができ傷になりやすくなります。

 

血流が悪い

血液のめぐりが悪くなると、炎症が起こりやすくなります。これを鬱血性皮膚炎といいます。手足の冷えなどがあれば、さらに血流阻害が助長されます。

血液のめぐりが悪くなるのは、凝りやこわばりのほか、過緊張でも起こりやすくなります。

かゆみ以外の変化を確認

腕のかゆみの対策

腕のかゆみの対策

  • ほぐす
  • 温める
  • 冷やす

ほぐす

筋肉の凝りや強張りが痒みの原因であれば、コリをほぐせば痒みはとまります。

湿疹が筋肉のこりの場合は、痒みを感じる部分と筋肉の形に一致します。痒くてかいているうちに、湿疹の形が筋肉の形に一致します。

もし、湿疹の形が筋肉に一致する場合は、コリをほぐすことが痒みの対処や予防になります。

温める

かゆみの原因が血の巡りが悪くなることであれば、血の巡りが良くなることで痒みは解消されます。さらに原因が血の巡りであれば、血の巡りが悪いときに痒みを感じやすいです。

この場合は、痒みをときにその感じる部分を温めることで解消できます。

冷やす

とにかくかゆいときは冷やすことで痒みはとまりやすいです。神経の緊張や過敏の時も冷やすことが有効です。
冷やす温めるときのどちらが良いか迷った時は、心地よい方を選択します。

一時凌ぎの対処であれば、かゆみを繰り返します。これは問題を先送りしているということになります。

皮膚以外へアプローチ

オススメのセルフケア

オススメのセルフケア

  • 骨から筋肉を剥がす
  • 振動を与える
  • 脳血流を促す

骨から筋肉を剥がす

神経の圧迫やコリこわばりの場合は、骨から筋肉を剥がす様にマッサージするのが良いです。オススメのケアとしては、より深い部分へ刺激を与えることです。

振動を与える

原因が皮膚よりも深い部分であれば、振動を与えることで、アプローチできます。特にオススメなのが振動するマッサージ機などです。

かゆみを感じたときに、このマッサージ機などを用いると、かゆみがとまりやすいです。マッサージ機で痒みが止まれば、皮膚よりも深い問題です。

脳血流を促す

感覚過敏で神経がkん町している場合は、脳血流を促すことで、解消しやすいです。
脳血流を促すには、首肩こりの解消や背骨を柔らかくすることで可能です。

オススメ方法としては、肩まで枕を入れることです。そうすることで、頭〜背骨が柔らかくなり、脳血流がよくなります。

ぜひ試してみてくださいませ。

試して痒みが止まるか

動画で解説