洗剤で手が荒れひび割れる原因と対策

1,洗剤で手が荒れひび割れる理由とは?

  • バリアーの喪失
  • 首肩こりによるひきつり

手にひび割れが起こるのは、皮脂や汗の落としすぎと、皮膚や筋肉のコリや強張りがあります。それぞれ、手指そのものとそれ以外に原因が異なっていきます。

主に皮脂や汗などのバリアがなくなることによって、皮膚そのものに刺激が加わりやすくなります。その結果、皮膚がもろくなって傷になります。

もう1つは、筋肉や皮膚のひきつりです。首肩こりが起こることで皮膚がひきつります。皮膚が引き伸ばされた状態ですと、傷になりやすいのです。

2,洗剤で手が荒れひび割れる原因

皮膚への刺激過剰と皮膚のもろさです。

皮膚そのものに刺激が加わることによって、傷ができます。バリアがないと刺激がダイレクトに加わります。また、皮膚がひきつることで引き伸ばされてもろくなります。主に首肩こりなど体の中心部のコリや強張りのことが多いです。

3,洗剤で手が荒れひび割れる人の特徴

水仕事をされる方が多いです。特に水仕事が多い美容師や主婦の方に多くみられます。その中でも、伴って首肩こりや手の強張りがある方に多く見受けられる傾向があります。

つまり、水仕事をする全ての方ではなく、首肩こりやなど体そのものの不調を伴って抱えている人が、皮膚の傷や脆さを呈しているのです。

4,洗剤で手が荒れひび割れないための予防

仕事の関係で、洗剤や水に触れることを避けることができない場合もあります。できるなら、ゴム手袋などして直接触れないようにするのがいいです。しかし、水分に触れないだけでなく、首肩こりなどの体の不調を少しでも解消することで、皮膚そのものが丈夫になり傷になりにくくなります。

6,整体でひび割れが解消できる理由

皮膚表面い加わる刺激を減らすこと以外にも、首肩こりや血行循環が皮膚の脆さに関与します。ですので、姿勢改善や肉体疲労を解消することが指にできるひび割れの予防につながります。

整体では、姿勢を改善して手指にかかる負担を減らすことができます。また、硬くなってしまってもセルフケアによって元の柔らかい状態に戻しすことができます。疲労は蓄積すなければ、傷ができるようなことにはなりません。日頃のケアが体の不調の予防につながるのです。

7,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

手指のひび割れは、水仕事をするので職業病と思われがちです。しかし、それであれば、ゴム手袋などでみずに触れないようにするしかありません。しかし、全ての人に起こるわけではありません。その理由は、体の疲労が関係しているからです。だからこそ、普段の体へのケアや姿勢を改善することで、予防することができます。

是非とも、体質や職業病と諦めるのではなく、できるだけひび割れが起こらない体づくりをして、辛い思いをしないようにケアに取り組まれてみてくださいませ。

英気治療院にLINEで予約

アトピーの悩みをL電話で相談

アトピーの悩みをメールで相談