アトピーで顎の下がかゆい

顎周りがかゆくてつい掻いてしまう。掻いているうちにポロポロと皮が向けて赤くなってしまう。そんなことはありませんか?もしかしたらそのかゆみは、喉の奥に問題がある場合があります。その場合は、掻くだけでは解決しないことが多いです。かゆみを起こさないことと、かゆみが起きた原因がわかれば、いつまでも掻く事はなくなります。今回は、そのようなあご下のかゆみの原因と対策についてご説明いたします。

あご下がかゆくな理由は?

かゆみは3つのことで起こります。巡りが悪い、熱のこもり、異物への反応。この3つに対して、体はかゆみという感覚を起こして解消しようとします。その結果、かゆみが解消できれば、問題は解決しています。しかし、皮膚を掻くだけでは解消されない問題もあります。それは皮膚以外に、特に皮膚よりも深い部分に問題が起きている場合は、かゆみは止まらない傾向にあります。特に、筋肉や神経、またはそれに付随する機能に伊治城をきたすことで起こります。そのような場合は、その該当する部分の問題を解決する必要があります。例えば、呼吸や内臓の問題が挙げられます。緊張している時には、呼吸器な内臓へ負担がかかります。その影響を受けてかゆみが起こることもあるのです。

あご下がかゆくなる原因とは?

  1. 呼吸の問題
  2. 消化器の問題
  3. 首の骨の問題

1-1,呼吸の問題

あご下には横隔膜と繋がっている筋肉があります。舌骨は舌の筋肉と連なる部分ですが、この骨は呼吸器とも関係しています。この筋肉や骨に以上を感じてかゆみや湿疹が出ることがあります。ちょうど喉仏の上に当たります。その場合は、呼吸が浅い、緊張しやすい、首が上を向きにくいなどの変化が起こります。そのような変化があった場合は、呼吸器の以上を確認しましょう。そしてその機能に以上が見られた際は、皮膚ではなく、舌骨や呼吸器へアプローチして対処します。

1-2,消化器の問題

喉の奥には食道があります。この食道は口から胃腸をつなく道です。ですので、内臓下垂などの影響を受けて引きつりや負担がかかることがあります。そのような場合は、胃腸のケアが必要です。内臓下垂が起こると、首の筋肉が緊張します。左右の振り向きや呼吸が浅くなります。それが確認できた場合は、内臓下垂を解消していきます。かゆみや湿疹がある部分に負担が起きた原因がないこともあるのです。

1-3,首の骨の問題

首にはシワができることがあります。このシワは、左右対称でないことが多いです。それは、首の使い方のくせによってシワができるからです。左右に傾くような使い方をしている場合は、傾いている側にシワが多く長くできます。つまり、負担のかかっている関節の延長戦でシワができます。顎の動きや上部頚椎に負担があると、首の下やあご下に湿疹ができることがあります。その場合は、顎の使い方や首へかかる負担や偏りを解消することでよくなってきます。

あご下がかゆい時の対処

  • 顎ゆるめ
  • 横隔膜を緩める

顎ゆるめ

横隔膜を緩める

あご下がかゆくならないための予防方法

  • 首の位置をただす
  • あばらを緩める
  • 鼻呼吸を意識する

あご下がkぁゆくなる時は、あご下に負担がかかっている時です。呼吸や内臓の問題があります。これらは姿勢の影響が多いです。つま理、日頃の体の扱い方を変えることで、予防ができます。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
あご下の負担は、顎そのものに原因がないことが多いです。その場合は、関連する部分の硬さや機能を正すことで解消できます。まずはかゆみが起きた時に、冷やす、温めるなど掻くことを止めてから緩めることをして見ましょう。そうすることでかゆみの程度や頻度は減っていきます。そのことで、問題が解消してくことを実感できます。ぜひ、試して見てくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加