頭皮の痒みは熱と緊張を疑う

頭皮は、皮膚が髪で隠れている分どうなっているかわかりにくい部分です。そんな頭皮が痒いときにも、いくつかの負担や特徴があります。今回は、そんな頭皮についてご案内いたします。

頭皮が痒いときを考える

頭皮が痒いときの問題を考えるときは、かゆみを感じたタイミングを振り返るとヒントが見えてきます。代表的な3つのタイミングを観察していきましょう。

  1. 寝ているとき
  2. 疲れたとき
  3. 汗をかいたとき

寝ているとき

寝ているときに頭皮が痒いときは、頭皮のどこが痒いのかも確認してみましょう。後頭部や側頭部であれば、もしかしたら枕などの圧迫の負担が考えられます。また、頭のてっぺんの場合は、熱のこもりの可能性もあります。寝ているときにかかる頭皮への負担がかゆみに直結することが多いです。

疲れたとき

疲れたときに頭皮が痒い場合は、神経の緊張や頭皮の引きつりの場合があります。感覚が過敏になったり、頭皮の引きつりがかゆみを引き起こします。

汗をかいたとき

もし、汗をかいたときに頭皮が痒いのであれば、チクチクするかどうかも確認してみましょう。緊張しているときに汗をかくと、ケアを汗が通るときにかゆみを感じることがあります。

ここまでがかゆみのタイミングを観察することで、体にかかる負担を確認しました。ここからは、その負担が体にどのように刺激になるのかをみていきましょう。

痒みの原因を考える

かゆみを感じるには体に対して何らかの刺激が入ったときに起こりやすいです。その刺激について解説していきます。

  1. 汗に反応する
  2. 熱がこもっている
  3. 圧迫を受けている

汗に反応する

汗をかくことで痒みが起こりやすいです。汗そのものが刺激になる場合と、汗がかゆみのきっかけになる場合があります。

金属アレルギーや汗をかくメカニズムに問題があれば、汗をかくことが問題となります。また、神経の緊張が強い、毛穴が閉じていると汗がきっけかけでかゆみを感じることがあります。

熱がこもっている

頭部に熱がこもるとむず痒さを感じることがあります。これは頭に寝るがこもっている場合や血液の巡りが悪いことでも起こります。

圧迫を受けている

枕などで圧迫を受けているとかゆみを感じやすいです。圧迫の刺激は、水分を集める、熱がこもるなどが起こりやすいです。

このような刺激によって頭皮に痒みが起こりやすいです。それでは、これらのかゆみに対して、どのように対処すれば良いでしょうか。次はそれぞれの対処について紹介させていただきます。

頭皮の痒みを良くするために

熱や緊張、圧迫などの刺激が加わることで痒みが起こります。それではそれぞれの刺激をいかに解消すれば良いかをご案内いたします。

  1. 頭部の熱を冷ます
  2. 頭を柔らかくして圧迫を解消
  3. 緊張を緩和させる

頭部の熱を冷ます

頭に熱が加わりこもることで痒みが起こりやすいです。頭の疲労や緊張のほか、圧迫などで熱がこもりやすいです。このような場合は、アイスノンのようなもので冷ますと良いです。

頭を柔らかくして圧迫を解消

圧迫の刺激で痒みが起こりやすい場合は、頭そのものを柔らかくすると良いです。または、頭皮が当たる枕などを変えることも有効です。ポイントは一部分に圧迫が加わらないようにすることです。または、寝返りをできるようにして、不快な感覚を感じたら自然と向きを変えられるようにすることも良いです。

緊張を緩和させる

頭皮の引きつりや神経の緊張で感覚が過敏になっている場合は、頭皮や神経を緩めると良いです。直接のマッサージや首肩こりの解消も有効です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

頭皮の痒みは炎症以外でも起こるのです。炎症以外のかゆみは、圧迫、緊張、熱の籠りが代表的な負担で起こります。これらの負担がかからないように、体の状態を整えるだけでなく、触れるものなどの負担を変えることも有効な手立てです。ぜひ、試してみてくださいませ。

頭皮がかゆいについて詳しくはこちら

頭皮がかゆい

この記事に関する関連記事