顔のアトピーや赤み(症例)

  • 症例59 顎や頬が痒みなく赤くなる 40代 男性

症例59 顎や頬が痒みなく赤くなる 40代 男性

症例59 顎や頬が痒みなく赤くなる 40代 男性

治療内容

顔の赤みがある
→口角、頬、顎それぞれの原因がある
ということでした。

セルフケアでは


<神経>
タオル枕(頭蓋骨夜戦ぼねを緩めて神経の働きを良くする)
骨マッサージ
顎のケア
ホットパック(血流を促し皮脂や汗を出す)

<胃腸>
よくいかむ(家事が変わるまで)
朝起きた時に白湯を飲む
カフェインを控える
などされてくださいませ

できたかどうかのチェック項目は
顔の赤み
骨の痛み
歯ぎしりのしやすさ
鼻呼吸
嚥下のしやさ
など観察されてくださいませ

変化の兆し
舌の苔やひび割れ
赤みの程度が減る
口角のかぶれがなくなる
などがあります

考察・解説

顔の赤みがある時には、まず2つに区別します。1つは炎症かどうか。もう1つはそれ以外の赤みです。炎症の場合は、その原因を解消します。今回は炎症以外の赤みです。薬も聞きにくいとのことでした。問題は血液のうっ血です。炎症以外の赤みは、時間とともに変化します。このような兆しがあれば、薬以外のケアが有効になります。今回はこのようなケースでした。

電話予約

LINEで予約する

顔のアトピーについて詳しくはこちら

顔のアトピー

顔のアトピーに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加