目の周りに湿疹ができて痒い時の対処と原因

目の赤みの原因と理由

面周り湿疹のアドバイス事例紹介

1,目の周りに湿疹ができる理由とは?

目の周りに湿疹ができる理由とは

  • 目の粘膜の乾燥
  • 目の疲労による緊張
  • 物理的な刺激

目の粘膜の乾燥

目の粘膜が乾燥して薄くなると、瞼をはじめとする首位の皮膚が乾燥します。特徴としては目を囲むように赤みが出てきます。ドライアイのように瞬きが多く、夕方や夜など時間とともに赤みが増す傾向にあります。

目の疲労による緊張

目が疲労すると、その周囲の神経も緊張します。ピントを合わせる筋肉や眼球の運動をする筋肉の疲労が主です。その影響は顔面神経や三叉神経に及びます。神経の緊張を緩めようと血液が集まります。これを充血を言います。目の疲労が取れることで、この充血によって集まった赤みは引いていきます。

物理的な刺激

かきぐせやこする刺激によって皮膚が薄くなり赤みを増します。目のクマと同じように、皮膚が薄くなることで、血管が透けて赤く見えます。他にも毛細血管が拡張することで赤みが強く出ます。ステロイドの副作用の酒さ様願望がこの例です。

2,目の周りに湿疹ができた原因

充血は目の中以外にも起こる

  • 炎症による湿疹
  • 充血による湿疹

炎症による湿疹

炎症は、発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害を伴うものとされています。物理的な刺激や傷があることで、炎症が起こります。また、遺物の除去のために免疫反応が起こり、炎症が引きおこされることもあります。アレルギー性の目の炎症や擦りすぎる場合には、この様な炎症による湿疹が起こります。

充血による湿疹

神経の緊張が起こるとその部分を緩めるために、血液が集まります。この様に能動的に血液が集まる状態を「充血」と言います。充血が起こると皮膚が赤く見え湿疹の様にみられます。炎症との違いは、「時間とともに赤みが変化する」ことです。炎症であれば、時間に関係なく赤みが残ります。

3,目の周りに湿疹ができる人の特徴

メガネをつけると疲れにくくなる

  • 目に疲労が溜まりやすい人
  • 視力が低いのに矯正していない

アレルゲンの摂取や接触があれば、その部分に炎症反応による湿疹が起こります。それ以外ですと、負担のかかった部分や弱い部分に湿疹が起こりやすいです。つまり、目を酷使する仕事や習慣のある方が起こりやすいです。パソコン作業をしている方などが代表的です。

他にも、目のピントを合わせるだけでなく、眼球の動きに負担がかかると目に負担がかかりやすいです。耳に負担がかかると平衡感覚が乱れてしまいます。その結果、眼球で平衡感覚を保とうとして疲労します。また、スマホの使いずぎや不安定な足場など環境によっても負担は蓄積していきます。

4,目の周りに湿疹ができた時にする対処

目の赤みはマッサージで良くなる

  • 目に潤いを与える
  • 目の周囲をマッサージ
  • 目の負担を減らす

乾燥を防いで、疲労を回復させます。また、目は光を処置するのが役割です。瞼を閉じても光は眼球に入ってきます。ですので、アイマスクをすることで、その負担は軽減できます。さらに、聴覚の影響を受けている場合は、耳栓をして置くのも良いです。

5,目の周りに湿疹ができないための予防

目を瞑って、体がゆれないか確認してみましょう。できるなら、目を瞑ったまま片足立ちをしてみましょう。そうすることで、平衡感覚を目で補っているかを確認できます。もし、この目を瞑ってゆれる様でしたら、足腰周りをマッサージ、耳にかかる負担を減らすことで、目にかかる負荷を減らすことができます。

目そのものへのケアは、適度に休ませることです。また、裸眼で視力が低い場合は、メガネなどできちんと矯正する方は負担は減ります。

6,整体で目の周りに湿疹が解消できる理由

頭蓋骨を緩めたり脳脊髄液の巡りをよくすることで、目そのものへのケアができます。

また、筋肉の緊張が強いと、目にかかる負担は大きくなります。その理由は、筋肉も体の状態を把握するセンサーも役割を担っているからです。ですので、緊張を解くことで、目だけでなく、筋肉でも体の平衡を保つことができます。

まっすぐな姿勢を骨格で保ち、筋肉をセンサーにすることで目の周りの神経の緊張を解くことができます。

7,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

目の周りの湿疹は炎症以外でも起こります。目にかかる負担は、少しの刺激や負荷が積み重なって起こることが多いです。ですので、日頃の生活や行動の習慣を改善することで解消できます。是非とも、今までの体の扱いを見直してみてくださいませ

 

英気治療院にLINEで予約

アトピーの悩みをL電話で相談

アトピーの悩みをメールで相談

顔のアトピーについて詳しくはこちら

顔のアトピー

この記事に関する関連記事