アトピーで顔色が黒い理由と対処法

1,アトピーで顔色が黒い理由とは?

  • 体の異常を知らせるサイン
  • 刺激から体を守る壁を作る

アトピーで肌が黒くなる理由は、体を守るためです。体の異常を知らせるサインや物理的な刺激から体を守るために肌の色は変化していきます。ですので、体に加わるストレスや刺激を減らすことで、肌は色を変える必要がなくなるので、今の状態よりも薄くなっていきます。

2,アトピーで顔色が黒いくなる原因

  • 炎症による色素の変化
  • 肌に刺激が加わり続ける
  • ホルモンの分泌異常

炎症のよる色素の変化

アレルギー症状などによって肌に炎症反応が起こります。炎症の過程で、血液が集まって赤く発赤がします。肌の乾燥や欠損によって褐色になりやがて元に戻ります。このような過程で、肌の色が変化します。

日焼けなどの刺激の場合は、体の中を守るために、メラニンを分泌させて黒色を濃くします。その結果、肌がこんがり焼けた色になるのです。同じ炎症でも、どんな刺激によって炎症が起きたかによって反応の仕方が変わるのです。

慢性的な刺激で色素沈着

擦り傷などの一過性の傷であれば、炎症が起こってもきれいに治ります。しかし、軽度な刺激であっても肌に刺激が加わり続けることで、肌は体を守ろうと変化します。強い刺激などでは、皮膚を肥厚させて守ります。たこのようなものです。こすれる刺激では、肌そのものを丈夫にして守ります。この時に、メラニンを分泌させて肌の細胞をコーティングすることで丈夫にしているのです。鼠径部やベルトに触れる肌には、このような色素沈着が起こりやすいです。

メラニンの過剰分泌

メラニンは、脳の下垂体でメラニン放出ホルモン刺激ホルモンの影響を受けて分泌されます。この下垂体には、その他のホルモン放出を促す部位でもあります。

ストレスが加わると、この下垂体から副腎ホルモン放出ホルモンが分泌されます。ストレスを長期的に受けていると、この下垂体に負担がかかります。負担がかかり続けると、近寄った機関へ影響をします。その結果、メラニンの分泌が促されてしまい、体全体が黒っぽくなるのです。

3,アトピーで顔色が黒くなる人の特徴

  • ストレス過多な環境にいる
  • かゆみへの対処ができていない

ストレス過多で副腎疲労が起きている

ストレスが多いと、副腎からホルモンを分泌し続けてしまいます。その結果、下垂体に負担がかかり、メラニンの産生も助長されてしまいます。ストレスを自覚してればいいのですが、そうでない場合は、感覚も鈍感になってしまい、いつの間にか色黒になっている場合も多いです。

刺激を加え続けている

掻いたりこすったりすると皮膚には色素沈着が起こります。その刺激は、シャツの襟などの衣類の摩擦程度でも起こります。傷ができなくても、つい無意識に触れたり書いたりしている癖があるとなかなか色素沈着は変わりにくいです。

4,アトピーで顔色が黒くなった時にする対処

  • 刺激を加えない
  • 栄養素の補給

ストレスや刺激を減らす

かゆみの原因でもある刺激を減らすことが優先となります。物理的な刺激を減らせば傷にもならないので、色素沈着をはじめとする肌の変形はそれ以上進まなくなります。

また、ストレスが多いと、様々な刺激に対して過剰に反応してしまいます。ほんの少しの刺激に対しても脆くなってしまいます。ですので、出来る限りストレスとなるべくものから避けることが、悪化の防止になります。

肌の材料を補う

刺激を加えなければ、それ以上、色素をつくるうことはなくなります。

できてしまった色素やこれからできるメラニンはビタミンCなどの美は効果がある栄養素を補給することで減らすことができます。

更に、肌の大領であるタンパク質やそれを加工するビタミンとミネラルを補給すると、元の肌に戻りやすくなります。

5,アトピーで顔色が黒くならないための予防

かゆみが起きたときには、かゆみをごまかすケアを持っておくとよいです。刺激を加えなければ、肌が黒くなることはありません。お勧めなのがメンソレータムなどのスーッとする軟こうです。かゆみの感覚をごまかして、保湿することで、掻くことによる炎症を世予防することができます。

6,整体で黒くなった肌色が解消できる理由

  • 血行を良くして組織の修復を促す
  • 髄液の巡りを良くして下垂体を整える
  • 呼吸を整え自律神経を安定させる

下垂体の影響であれば、髄液を巡らせて、過剰な働きを抑制します。また、呼吸や血行を巡らせることで、必要な部分に栄養素がいきわたるようになります。その結果、肌のターンオーバーが正常に働き、元の肌に戻りやすくなります。

7,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

肌が黒くなるのは、刺激過剰以外にも、ストレス過多な状態で起こりやすいです。スキンケアだけでなく、血行や髄液のめぐりも良くすることで、回復しやすくなります。

更に、慢性的なストレスが肌の色素を変化させるので、体全体が色黒になっている場合は、生活習慣も見直すことが必要になります。

今の体は、今までの習慣が創り上げたものです。ですので、これから先の行動の習慣がこれからの体を作ります。気づけたときから変えていくことで、体はなじみながら変わっていきます。是非とも、皮膚以外の体に中や身の回りの環境作りにも取り組まれてみてくださいませ。

英気治療院にLINEで予約

アトピーの悩みをL電話で相談

アトピーの悩みをメールで相談

顔のアトピーについて詳しくはこちら

顔のアトピー

この記事に関する関連記事