具体的に、アトピーとは何ですか?

アトピーについて

具体的に、アトピーとは何ですか?
アトピーは目に見えますか?

皮膚が痒く感じることがアトピーで、目には見えないものなのか、それとも赤く炎症が起きてしまったりあの目に見える「傷」がアトピー本体なのか、いまいちよく分かりません。

アトピーとは何ですか?

アトピーとは、アレルギー反応によって皮膚にかゆみや湿疹が起きる症状のことです。一般的にアレルギー性皮膚炎に分類されます。

他にも、アトピー素因と呼ばれる要素も兼ね備えている場合があります。乾燥肌やバリア機能の低下などを代表として、悪化や緩解を繰り返す皮膚の症状を総じてアトピー性皮膚炎と呼んでいます。

アトピーは目に見えますか?

アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみや湿疹を呈する症状なので、その症状そのものを指せば目に見えるものです。しかし、アレルギー反応じたいは、もっと細かい世界の問題で目に見えないです。
アレルギー症状は、皮膚に起きればアレルギー性皮膚炎です。それが粘膜で起きれば結膜炎や喘息など起こる部位によって症状名が異なります。病気の状態を病態といいます。この病態は同じでも、起こる部位や病名の違いがあります。

アトピー症状の悩み解決について詳しくはこちら

アトピー症状の悩み解決

この記事に関する関連記事