結節性痒疹の改善方法と治療の仕方

痒疹の治し方

  • 痒疹とは
  • 痒疹の原因
  • 痒疹の治し方
  • 整体を受けることで良くなる理由
  • 整体を受けたほうがいい場合

痒疹とは

手の痒疹

痒疹とは、かゆみを伴う丘疹の1つです。金属アレルギーなどでも見られますが、そん原因は不明とされています。

この痒疹は湿疹の中でもなかなか治りにくいものに分類されています。見た目がケロイドのようになており、掻き壊すことで広がって1つの班のようにもなっていきます。

この痒疹ですが、その怒り方を紐解いていくことで改善ができます。その方法についてご説明させていただきます。

痒疹の原因

痒疹の原因

痒疹は搔き壊しによってできたものです。掻くことで皮膚へ刺激が加わります。その結果、皮膚はその刺激が来たことを脳に伝えて対処しようとします。この時に壊れる場合と、皮膚を硬くして丈夫にする場合に分かれます。ペンだこなどは硬くなるわかりやすい例です。

痒疹はこの刺激がアレルギー症状によって起こることが多いです。そのため、この変形までの循環を断ち切る必要があります。

刺激が加わる→脳に伝わる→脳から皮膚へ伝達する→皮膚の変形が起こる

「刺激がくわる」

「脳の反応」

「皮膚の変化」

ここの3つを改善すれば痒疹もよくなります。

痒疹の治し方

痒疹を治すポイント

整体を受けることで良くなる理由

変化のときがチャンス

痒疹などの変形は単に刺激を除去すれば良いというわけではありません。それは刺激に対する脳の反応ということが影響してくるからです。

脳の環境は頭蓋骨調整で整えることができます。この時はパソコンでいうクリーンアップをするような感じです。余計な情報があると新しいことも吸収しにくいのです。

整体を受けることで、新しい情報(刺激)に対しても適切な反応をしやすくなります。

整体を受けたほうがいい場合

整体を受けたほうがいい場合

もしこのような場合は、一度専門家へ相談せれることをお勧めいたします。

・薬などしてもなかなか痒疹が変わらない

・痒疹が広がってきた

・痒いところがしこりのようになってきた

このような場合は、早めに専門家に相談することをお勧めいたします。変形は進行状態の時が一番変わりやすいのです。それは外反母趾と同じです。痛みを感じている時が変形が進んでいる時です。その状態で適切な処置をするから変われます。

もし、どうしたらいいのかわからない場合は、一度ご相談くださいませ。ご連絡をお待ちしております。

痒疹の治癒過程

before画像

施術前

after画像

施術経過

痒疹は3つのことをすればよくなります。1つは刺激を減らす。2つ目は脳の反応の仕方を変える。3つ目は免疫調整です。これらができれば皮膚の変形であってもよくなります。自分自身の体が生み出したものは、環境を変えることでよくなるものです。背中のヘルニアも同じです。必要性がなくなったら変形であっても無くなります。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加