帰宅して服を脱ぐとかゆい時の原因と対処法

服を脱ぐとかゆい原因と対処法

帰宅して服を脱いだ瞬間にかゆみを感じることはないですか?

アトピーをはじめとする肌荒れで悩む方に多くあるかゆみを感じる時です。そんな時に、ただ掻くことしかできないと、肌を傷つけてしまいます。その理由が明確になれば、適切な対処もできるのです。大きくは、自分の肌の状態と周りの環境がかゆみを生んでいるのです。乾燥、循環、硬さなどがキーワードとなります。

  • 服を脱ぐと痒くなる原因とは?
  • 服を脱いだ時に起こる体の変化
  • 服を脱いで痒くなった時の対処法
  • 服を脱いで痒くならないための予防法
  • この記事のまとめ

服を脱ぐと痒くなる原因とは?

かゆみを感じる時に、原因を探す鍵は体の状態と周りの状況を調べることです。服を脱ぐだけなら、朝の着替えでもかゆみを感じるはずです。しかし、夜に帰宅する時に限って痒くなるには理由があります。その理由は、肌の乾燥、急激にめぐりが良くなる、異物への反応があります。

 

痒みの原因は何?

服を脱いだ時に起こる変化

服を脱ぐ時には、服によって保たれていた肌の環境が変わり、その結果かゆみが出ることがあります。また、衣類という壁があることで感じなかった環境からの影響を受けます。この2つが服を脱いだ時にかゆみを起こす原因です。それでは、詳しい内容を説明していきます。

  • 肌が乾燥している
  • 皮膚の癖がついている

服を脱いだ時に起こる体の変化

服を脱いだ時には、肌は乾燥します。その乾燥のためにかゆみが起こる場合があります。もう1つは、圧迫の解放によるかゆみです。靴下を脱いだ時なども、ゴムの締め付けでかゆみが出ることがあります。圧迫されすぎても、急激に解放されてめぐりがよくなってもかゆみは起こります。

 

服を脱いだ時に起こる体の変化

肌が乾燥している

衣類を脱ぐことで、肌は気候の影響をダイレクトに受けます。皮脂や汗が必要なタイミングで十分に出せる場合には、乾燥の自覚がありません。しかし、衣類による摩擦で皮脂や汗が剥がれたり、衣類によって保湿を保てているん場合には、脱衣した時に乾燥を感じます。

ここで考えるのは、皮脂や汗が出せていないのか、もしくは出せても剥がれているのかです。前者は、衣類を着ている時にも痒みを感じやすいです。例えば「チクチク」した痒みなどがそうです。衣類の繊維や静電気などに反応して痒みを感じやすくなります。後者の摩擦で肌が乾燥してしまう場合は、衣類そのものの相性も考え直します。繊維の洗い物では、肌に負担が大きくなります。脱いだ時だけでなく、脱ぐまでの過程を見直すことで、何が乾燥を引き起こしているのかが明確になってきます。

服の中でも肌は乾燥する

皮膚の癖がついている

タイツやソックスなどのあとがかゆい場合は、皮膚の癖や圧迫を考えます。また、寄れることによるシワなども痒みの元です。
タイツやソックスは、皮膚を圧迫します。ゴムの強さや足の張りやむくみ具合によっても影響を受けます。

また、シワができている部分は、圧迫に加えて巡りが滞るために痒みが起こります。場合によっては、汗をかいたり、カビやダニの影響も痒みとして反応することもあります。

皮膚の癖でかゆみが出る

服を脱いだ時の周りの環境

服を脱いだ時には、家の中の影響を受けます。ダニやハウスダストなどにアレルギーを持っている場合は、その影響を受けやすくなります。受けやすくなる理由は、衣類による摩擦で、肌を守る皮脂や汗などのバリアが薄くなっていることも影響します。機構や季節によって、このかゆみが出たり出なかったりもします。比較的閉ざされた家という空間では、季節性がないことが多いです。その場合は、アレルゲンを疑います。家という住宅環境であれば、会社や家以外の住居環境でも同じようなことが起こります。もし、特定の場所でかゆみが起きる場合は、住居ではなく、その場所に原因があると特定できます。

服を脱いで痒くなった時の対処法

  • 保湿をする
  • かっさでさする

かゆみが起きた時の対処法

保湿をする

乾燥してかゆい場合には、保湿をすると治ります。その保湿とは、水分をさします。スキンケアでも良いのですが、用途の違いによって選ぶものが異なります。例えば、皮脂や汗が出ない場合は、皮脂や汗を出す訓練が必要す。また、摩擦で乾燥する場合は、衣類を変える、摩擦を軽減するスキンケアを選択するなど目的に応じて対処法が変わります。ポリマー系のスキンケアは、カビやハウスダスト、衣類からの摩擦から体を守るのに有効です。

かっさでさする

皮膚が圧迫されている時には、血流やリンパの巡りが悪くなり、それを改善したい反応としいぇ痒みが起こります。また、急激な血流は、血管を拡張させるために、蕁麻疹のような痒みを引き起こします。これらは炎症でない痒みです。もし、このような場合は、圧迫を解消して、巡りをよくすれば解消します。オススメのケアは、かっさです。かっさでさすることで皮膚を傷つけることなく血流を改善できます。蕁麻疹の痒みは、血管が拡張して、血管の内皮細胞からヒスタミンが放出されて起こります。ですので、

服を脱いで痒くならないための予防法

  • 風呂場で脱ぐ
  • 皮膚を緩めてから脱ぐ
  • 保湿をしてから脱ぐ

風呂場で脱ぐ

服を脱いで乾燥する場合は、肌の皮脂や汗がなく、乾燥している場合があります。その時は、肌触りがザラザラして、乾燥気味を確認できます。衣類のおかげで保湿されていた肌が、乾燥してかゆい場合には、保湿をすることで落ち着きます。一番わかりやすい検証の仕方は、浴室で着替えることです。服を脱いだ時に部屋の湿度によって、この乾燥は変わります。ですので、浴室の湿度100%の空間では、乾燥によって起こる痒みは防ぐことができます。

乾燥した時は浴室で着替える

皮膚を緩めてから脱ぐ

皮膚が固い場合には、かゆみが起こります。服を脱ぐとかゆい場合、衣類による体の動きの制限がなくなります。また、気温差によって肌の温度が変化します。このような影響を受けて皮膚のひきつりが起こりかゆみが起こります。その対策としては、ストレッチなどして皮膚を緩めます。そうすることで、急激な変化にも対応できるようになります。

服を脱いでかゆい時は体を緩める

皮膚を保湿をしてから脱ぐ

衣類の摩擦によって皮脂などのバリアが剥がれていると、乾燥してかゆみが起こります。その場合は、皮脂や汗が出てもなかなか定着しにくい状態でもあります。そんな時は、衣類を脱ぐ前にあらかじめクリームなどの膜を貼ることで予防ができます。おすすめなのがポリマー系のスキンケアです。皮膚にバリアーの幕を腫れるため、衣類の摩擦にも耐えることができます。下着やわき、ゴムなど摩擦や圧迫が加わりやすい部分に起こりやすいです。

スキンケアで膜を張って対処

この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

服を脱いでかゆみがでる原因は複数あります。それぞれの原因に対して適切な対処ができれば、この悩みは解消できます。また、複数原因を持っていることもあるので、ご自身の状況と状態をみて判断してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
12月は、10日、14日、21日、28日、31日です。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502